プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコリラ建て債券は「買い」なのか? その1

読者の方から以下のご質問をいただきました。

<ご質問>
現在、マネックス証券が申込受付中の外貨建て債券の非常に高い利率に驚いています。(たとえば3年満期のトルコリラ建て債券などは14.38パーセント!)・・・物価上昇率や為替レートの変化を無視した計算ですが、このさき新興国の通貨に対して円高が進むとはあまり思えません。・・・→「この債券は“買い”」なのでしょうか?

<回答>
言うまでもなく、日本は実質的にゼロ金利であり、これは世界中を見回しても最低の金利です。相互リンク先のブログ「医師による医師・小金持ちのための資産運用・活用法」に、各国の金利が掲載されていますが、この表でも日本の金利は世界最低です。

自国がこのような経済状況ですと、他国の金利は全てとんでもない高金利に見えてしまいます。特に、南アフリカランドやトルコリラは高金利の通貨として有名で、これらの高金利通貨を日本円の金利と比較すると、「非常に高い利率に驚いています」という印象を抱いてしまうのは当然です。前掲のブログによると、世界の主要国で最も金利が高いのがトルコリラ、二位が南アフリカランドです。

ご質問者は20代の方ですが、退職後に初めて資産運用を開始する方も、高金利通貨建ての債券に心を動かされることが少なくないはずです。では、このような高金利通貨建ての債券に投資することが得なのか、このトルコリラ建ての債券は「買い」なのでしょうか?このトルコリラ建ての債券が「買い」であるということは、リスクとリターンが見合っているということです。

ご質問者からいただいたメールでは、為替手数料を含めたリターンを計算されていますが、リスク面の考慮がほとんど為されていないので、その点が問題だと思いました。もちろん、損益分岐点になる為替レートを計算されていたので、リスク面の考慮が全く為されていないというわけではないのですが、リスクとリターンが見合っているかという視点からの考察が少ないように感じました。

その理由として、日本の超低金利を前提とすると、トルコリラ建ての債券の金利は非常に高い利率に思えるので、正常な判断能力が奪われてしまうことが挙げられます。債券の表面金利が非常に高いが故に、正常な判断能力が奪われてしまい、コストやリスクの見積もりが甘くなってしまうわけです。催眠商法というと言いすぎですが、それに通じるものがあると言ってもよいでしょう。

以下、コストやリスクについて検討したいと思います。

(続く)
スポンサーサイト

<< トルコリラ建て債券は「買い」なのか? その2 | ホーム | Citibankについて その1-Will Citibank survive?という記事を読んで >>


コメント

トルコの場合は、インフレ率が12%くらいまで高進
してきているので、実質金利は、2%くらいに過ぎず、
表面金利は高くても、購買力平価理論などによって、
インフレ→通貨安→為替差損で、トータルでも損
なる可能性は大です。
新興国のカントリーリスクをかけてまで、
投資する先とは思えません。

昨日、高金利で人気のブラジル債ファンドですが、
為替レートが3年来安値を更新したそうです。
bloomberg news

 Palcomブログ主さんの次の記事のように、
往復為替のコストや、トルコの金融相場から
いくら中間搾取されているか、もありますが、
昨日のコメントで、税金のことを忘れていました。
利払いから20%源泉徴収されますので、
名目リターン11.2%で、インフレ率12%
ですから、当初からマイナスリターンを
背負う形になります。よほど、トルコ経済が
好転して、トルコリラの為替差益に賭ける
投機となります。

青三さん

コメントありがとうございます。やはり、名目金利が高いと冷静な判断ができなくなる方が多いようですね。質問された方は20代ですが、退職後の資産をこのような金融商品につぎこむと危険です。特に、経済が不安定なときにはトルコのような経済状態の国は危ないでしょう。

ご質問いただいた債券かどうかは分かりませんが、トルコリラ建ての債券が完売したという記事を見かけました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。