プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Proshares Ultrashort S&P 500を売却しました-その他雑感

市場の動きが急過ぎて、個別の記事にしているのでは追いつかないので、色々と雑感を箇条書きにしたいと思います。

・FXに投資していた方は、うまく逃げられたのでしょうか?10月8日はFXの日だそうですが、皮肉なものです。豪ドルは60円台だそうですが、非常に値動きが急ですね。やはり、終始値動きを気にしなければならない投資手法は、他に仕事がある個人投資家には向かないと思います。

・Proshares Ultrashort S&P 500を全て売却し、日本の銀行セクターに投資するETFを少し購入しました。

・バイ&ホールドのインデックス投資派は、売却するという選択肢がないので、キャッシュを持っていないと、下落時につらい思いをすることになります。今回の下落でキャッシュのありがたみが分かった方は多いのではないでしょうか?

・バイ&ホールドのインデックス投資派は、仮に臨時投資をするとしても、decade単位の視点で臨時投資すべきでしょう。少しの下落で臨時投資をしていると、手持ちのキャッシュがあっという間に枯渇します。

・インデックス投資派は、損益状況を頻繁に確認すべきでないと思います。損益状況を知ると、売買したくなったり、気が滅入ったり、ろくなことはありません。

・長い間投資を続け、資産が貯まってきたら、嫌でも、資産保全のために機動的な投資をしなければならなくなるので、そういう投資手法は、そうなってからすればよいと思います。

・現時点で最強の通貨である日本円をフローとして稼げる我々が過度に悲観的になる必要は全くないはずです。

・商品価格が上昇したときにインデックス投資の買い持ちに批判がありましたが、下落時に買い支えしていることに評価がないのは片手落ちです。

・ヘッジファンドその他の投機家が嫌いな人は、今こそ、彼らが投げ打っている資産を安値で買い叩き、溜飲を下げるべきでは?
スポンサーサイト

<< 下山するという選択肢 その2 | ホーム | 機動的な資産運用について >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ベアファンド売却

こんばんは

PALCOMさんも今回の下げがセリングクライマックスという読みでしょうか。
私もそうあって欲しいと期待しているんですが・・・

カルロスさん

どこまで下げるのかはよく分かりませんが、当面のセリングクライマックスであるといいですね。ただ、長期的にみると、これが底である可能性は低いのではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


キャッシュポジションの重要性

今の時期を私はこう思います。 →(きっと)個人投資家はセリングクライマックスを待ち、逆張り状態、インデックス投資家は、積立投資、法人...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。