プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財政危機はどこにいったのか?

アメリカの金融危機の影で忘れ去られた格好になっていますが、日本の財政危機はどこにいってしまったのでしょうか?数年前に破綻本がブームになって、日本の財政危機が喧伝されましたが、そのブームもいつの間にか下火になっています。

アメリカの金融危機が発生したことにより日本の財政危機が弱まったということはなく、むしろ、これまでの外需依存体質が露呈し、短期的には日本企業の利益を悪化させています。総務省から、財政再生団体の基準を満たしているという指摘を受けた地方自治体が夕張市の他に、新たに1市1村ありますし、日本の公的セクターの財政状態はますます悪くなっています。

日本の財政危機に関しては、財政の均衡を目標にしても意味がないという意見もあります。形式論としては成り立つかもしれませんが、財政が悪化し続けており、好転の目途が立たない状況では、空しい反論にしか過ぎません。目先の財政の均衡を目標にしても意味がないというのであれば、優れた戦略が存在し、その戦略を遂行していけば、いずれ将来的に財政が好転していく状況が存在しなくてはならないでしょう。

麻生氏に期待する意見もあったようですが、もし経済に自信があり、財政支出を増大すべきだという考えなのであれば、それに反対する識者(池田信夫氏とか)と一対一で公開の討論をすべきではないでしょうか?

結局は、消費税が増税されて、景気が悪化し、物価が上昇するという一種のスタグフレーション的状況になるのでしょうか?親会社であるアメリカが頼りにならなくなった今こそ、財政危機について真剣に考える必要があるように思われるのですが、そういう議論は活発ではないようです。

世間の風潮は無視して、財政危機についての検討を続けていきたいと思います。
スポンサーサイト

<< 失業リスクについて | ホーム | インデックス投資に関する若干の疑問 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。