プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

It's not the end of the world

相互リンク先のうさみみさんによりますと、投資ブログの更新頻度が落ちているそうです。私の相互リンク先のブログは特に更新頻度が落ちているということはないようですが、投資ネタから離れてしまっているブログは若干あります。投資ネタはいくらでもある環境なので、淡々と更新し続けていけばよいのではないでしょうか?Lehmanが倒産したときに、FENでエコノミストが言っていましたが、”But, it’s not the end of the world.”です。

Morningstar(米国版)を見てみましたが、過去のパフォーマンスは真っ赤でした。色で株価の上下を視覚的に表示しており、赤は下落を意味します。GrowthもValueも、全く関係なく下落しています。

同じくMorningstarに、Five stocks that look completely worthlessという記事が掲載されていました。この5つに投資している日本人はほとんどいないと思いますが、実は、有料メンバー向けのさらに、11個、worthlessな会社(=価値ゼロ)が挙げられています。有料サービスなので具体名を挙げることはできませんが、あの会社や例の会社の名前も挙げられていました。

Citibankの株価も10ドルを切ってしまいました(2008/11/12-アメリカ時間)。Citibankは大きすぎて潰せないでしょうが、先月以来検討してきた記事によると、債務超過の疑いもありそうです。資本注入が必要なことは確実であるようです。

一見、アメリカの株式市場はボロボロのようですが、面白いのは、以下の文章が記載されていたことです。

As I write this on Monday, Nov. 10, we had only 16 1-star stocks in our coverage universe thanks to the market's almost unabated slide.

衰えることのないマーケットの下落のために、1ツ星の株式は、”only 16”であるということです。つまり、明確に倒産待ちである企業を除けば、overvaluedである株式は少なくなっていることが示唆されます。

まさに、It’s not the end of the worldです。
スポンサーサイト

<< 政治にエビデンスを その2 | ホーム | ボラティリティーの増大について その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。