プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイポートフォリオ その1

個人の置かれている状況は千差万別なので、私のポートフォリオを公開してもあまり意味はないと考えていましたが、気になる方も多いらしく、最近、そのような趣旨の質問を受けることが少なくありません。まだ投資期間が短く統計的には余り意味がないのですが、年末ですし、決算の意味も込めて、手持ちのファンドのパフォーマンスを調べてみました。積み立てしている商品もあるので、年利の計算には若干の手間がかかります。個人的な運用利回りの目標は、複利ベースで12%(6年で倍)です。

<積み立て商品の年利計算に使用した算式>
第一回目積み立て100万円:投資期間は3年、30%増
第二回目積み立て200万円:投資期間は2年、50%増
  ↓
第一回目積み立ての単利での年利回り=30%/3年=10%/年
第二回目積み立ての単利での年利回り=50%/2年=25%/年
  ↓
積み立て金額で重み付けした平均年利回りを算出する
10%×100/(100+200)+25%×200/(100+200)=20%/年

<HSBC香港編>
マイファンド①
投資対象:インド株式
initial charge:4.25%
信託報酬:1.5%
分配金:なし
アクティブファンド
投資期間:2年8ヶ月
年利回り(単利):56.67%
コメント:利回りが高すぎるので、ポートフォリオ中に占める割合が大きくなっている。インド経済はインフレも落ち着いているし、経常黒字になったので通貨危機の懸念も少ない。valuation的には、BRICsの中で最も割高(HSBCの資料より)。売る理由は全くない。

マイファンド②
投資対象:エマージング債券
initial charge:4.25%
信託報酬:1%
投資期間:2年2ヶ月
年利回り(単利):10.65%
コメント:ベンチマークに比べて優れたperformanceを挙げていない。買い増すつもりはない。

マイファンド③
投資対象:資源株
initial charge:4.25%
信託報酬:1.5%
投資期間:2年
年利回り(単利):48.80%
コメント:ベンチマークを大幅に上回っている。今後にも期待が持てる。

その他のファンド
中国、インドネシア、東欧、ラテンアメリカなどへ投資。西欧、アメリカ、東南アジアへの投資は最小限に抑えてある。日本への投資は一切行っていない。その他のファンドも押しなべて好調である。

マイストック①
種類:H株
投資対象:石油会社
手数料:0.25%
投資期間:1年3ヶ月
年利回り(単利):77.00%
コメント:ハンセン指数の上昇(19.09%)を大幅に上回っている。

マイストック②
種類:H株
投資対象:通信機器会社
手数料:0.25%
投資期間:1年3ヶ月
年利回り(単利):41.60%
コメント:ハンセン指数の上昇を上回っている。

その他の銘柄:
外国株の銘柄選定は非常に手間がかかるので、HSBCで購入している個別銘柄は2つだけである。

今まで年利計算はしていませんでしたが、目標を大幅に上回る成果が出ています。常にこの調子で運用できるとは限りませんが、仮に一時的に調子が悪くなっても通貨危機やバブル崩壊、市場のクラッシュが起こる事態は考えにくいです。短期の予想をすると売り買いしたくなるので、短期的な予想は一切せずに、バイアンドホールドで運用していきます。

今日のイディオム
feel up to something ~ができそうに思う








スポンサーサイト

<< 長期投資のリスク その2 | ホーム | 英語を日本の公用語にすべきか? >>


コメント

Palcom様

アメリカへの引越しに伴いHSBCファンドの売却のプログ感慨深いものがありました。最近 日本の証券会社から海外投資に出来る環境になって来ており、メリットが少なくなってきていると感じております。

さて、知っていたら教えていただきたいのですが、Palcom様も購入していると思われる、HSBC イマージング債券ファンドが3/末に5%急落してましたが、要因をご存知であれば教えて頂きたく宜しくお願いいたします。債券で5%も落ちるのかなと素朴に疑問に感じておりまして。。

宜しくお願いいたします。

エマージング債券ファンド

香港様

このところ忙しかったため、エマージング債券ファンドが急落したことも知らなかったのですが、アメリカの金利が上がったとか、特段の理由もないように思います。エマージングは下げるときはかなり急激に下げますが、今回は、特に気にしなくてもよいのではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


にじ@アセットアロケーション 公開!

今年ももうすぐ終わりですね^^思い返せば,新婚早々いきなり給料が下がり頭に来て資産運用を開始したのが4月でした。それから9ヶ月,高校→大学と完全に文系(職業もモロに文系です)の私が経済・金融関係の書籍を読み漁り


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。