プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁、家を買う

嫁が家探しをしています。日本では通勤時間が往復3時間もかかるのに、アメリカにいるときには往復20分くらいでした。このため、職場に近いところに引っ越したくなったようです。私自身は自宅で仕事をしているので、別に引っ越したいとは思わないのですが、自分のお金で買うというので、反対するわけにもいきません。

家探しをしているうちに色々と感じたことがあります。

① 多くの女性にとって、インテリアのことを考える方が株式の銘柄選びより楽しいのだろうなあということ
PERがどうの、PBRがどうの、標準偏差がどうしたというより、インテリア雑誌を眺める方が女心にフィットするのは、深く考えなくても当然のような気がします。経済誌を読む女性は、どこの国でも少数派なのでしょうか?

②不動産というのは非常に高いものであるということ
区内でなければそれほど土地も高くなくなっているのかと思っていましたが、埼玉県でも23区と接している辺りは、坪単価65-100万円ぐらいするようです。50坪だと、最悪5,000万円も吹っ飛ぶことになります。不動産を長期ローンで購入してしまうと、リスクマネーが出なくなるのはむしろ当然であるように感じました。

③不動産というのは売る側も大変であるということ
不動産は額が大きく、買う側も気合が入っているので、あれこれと注文をつけるのが普通だと思われます。うちの嫁も、あれこれと注文をつけています。不動産業者の営業マンも、夜遅くに自宅まで来て、色々と説明していました。大変な仕事のようです。

不動産にはあまり興味がなかったので、今一つ頭が回らなかったのですが、青三からご指摘いただいた帰属家賃などについても検討していきたいと思っています。
スポンサーサイト

<< 国籍法が改正されました その1 | ホーム | 裁判員制度の政策としての妥当性 >>


コメント

女性は不動産が好きです。

私過去1年、会社の女性やキャバクラ嬢20人ぐらいに、5000万円の新築マンションと同額の株式ファンドのどちらがほしいかと質問してきましたが、ほぼ全員が新築マンションと答えました。女性は不動産が好きです。宝石や服など金銭的価値以上のものをそこにみいだしているものと思われます。

すでにご存知と思いますが、金額面だけなら競売で落とす事をお薦めします。各種手続きや、占有者対策が必要な場合などにコストがかかる場合がありますが、一般的に流通している不動産より安価に入手できます。「できあい」でよければ、最近はやりのアウトレット物件もリーズナブルだと思います。

時間に余裕が有る場合、リフォームは購入後に行うのがお勧めです。複数業者を競争させることで、複数の視点から提案を受けられる、発注金額の妥当性を判断し易いなどのメリットがあります。

ぷーさんさん

興味深い調査結果を教えていただき、ありがとうございます。

「会社の女性やキャバクラ嬢20人ぐらいに、5000万円の新築マンションと同額の株式ファンドのどちらがほしいかと質問してきましたが、ほぼ全員が新築マンションと答えました。」
→調査人数を増やしても調査結果は変わらないのでしょうね。「株式ファンドに比べてマンションは年々価値が下がるし、売却も難しい。それに対して、株式ファンドは云々・・・」という説明すら聞こうともしませんからね。株式ファンドに勝ち目はないでしょう。愛人にマンションを買い与えるということはよくあっても、愛人に株式ファンドを買い与えることはあまりなさそうです。

Sさん
情報ありがとうございます。競売物件はかなりお得だそうですね。占有屋を追い出すための強制執行手続きも、バブル崩壊後に、若干アップしたというような記事を読んだことがあります。嫁は、輸入住宅を新築するようです。あちこちのモデルハウスを見まくっています。よくあそこまで入れ込めるものだと感心して見ています。

輸入住宅も良いですね。以前、近所に輸入住宅を建てた方がいましたが、施工業者が無断で隣の家の前に工事資材を置いたり、夕方遅くまで工事を続行したりしてもめていました。全て施工・販売業者の責任なのですが、付近の住民から見れば施主にもクレームの矛先が向きかねません。きちんとしたところは、近隣への説明は勿論、現場の監督や記録(作業日誌や写真撮影等)もしっかり行います。そういった視点からも検討されることをご提案いたします。
すでに考慮済みでしたら失礼しました。

Sさん

コメントありがとうございます。

やたらと張り切っており、輸入住宅じゃないと嫌だといっております。インテリアなどにも凝っています。ただ、嫁は、優柔不断な性格で、ちょっとした物を買うときにもなかなか意思決定することができないので、住宅のような大きな買い物で、本当に意思決定できるのか懸念しています。

きちんとしたところは、近隣への説明は勿論、現場の監督や記録(作業日誌や写真撮影等)もしっかり行います。そういった視点からも検討されることをご提案いたします。
→ご指摘ありがとうございました。全く考慮していませんでした。不動産は全くの素人ですので、何かありましたら、コメントをお寄せください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。