プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tulip Trend Fundについて その1

相互リンク先のブログは、インデックス投資を実践されている方のブログが多いですが、コメントに何となく元気が失われているような気がします。decade単位で投資している場合、目先の好成績に浮かれるべきではないですし、目先の損失に落胆する必要もないはずです。淡々と投資を継続していけばよいのではないでしょうか?

国内でも、リストラの話題など暗い話が多く、本ブログでも説教くさい記事が増えていますが、相互リンク先の40代で早期リタイアしたフリーパパの投資日記で紹介されていたTulip Trend Fundは素晴らしい成績のファンドのようです。

Tulip Trend Fundは、いわゆるManaged Futuresに分類されるヘッジファンドです。

フリーパパさんのブログから引用させていただきます。

-------------------------------------------
Tulip Trend FundはMAN-AHLや最近テレビでも宣伝しているクアドリガ・スーパーファンドと同じようなトレンドフォロー型のマネッジドフューチャーと呼ばれるヘッジファンドです。投資の意思決定は全てコンピュータプログラムで行われていて100以上の先物市場に分散投資をしているようです。
MAN-AHLの成績も素晴らしいですが、Tulip Trend Fundはそれを凌ぐ素晴らしい運用成績を上げています。
1994年のファンド設定以来の年平均利回りは、なんと30.58%です。
--------------------------------------------

Tulip Trend Fundのウェブサイトによると、最低投資金額は5万米ドル(又は相当額の他通貨)又は25万米ドルです。5万米ドルという金額が高いかどうかですが、ちょっとした車を購入した場合、維持費も含めたらあっという間になくなってしまう金額ではないでしょうか?

Correlation to Nikkei 225が-0.16、Correlation to S&P 500が-0.12なので、この先、日米ともに長期間株価が振るわないと予想している方には、お勧めかもしれません。日本円クラスのCompound annual rate of returnは、26.14%です。直近の3ヶ月(2008年9月-11月)もプラスの成績です。Fact Sheetによると、ISIN番号は、KYG912381574です。

私のアドバイザーにも問い合わせていますので、さらに詳しいことが分かりましたらブログにてお知らせいたします。
スポンサーサイト

<< 09年度の米国の財政収支は戦後最悪に | ホーム | 1ドル=50円に? >>


コメント

チューリップ投機ですか?古風な名前のファンドですね。:-)
リンク先(フリーパパさん)が消滅していました...

えんどうさん

ご指摘ありがとうございました。
名前は最古の投機ですね。

日米ともにデフレが長引けば、ManのADPやこのようなファンドに投資するしかないのかなあ、とは考えています。

PALCOMさま
turip trend fund は私もマークしていたファンドでしたが、分ってきたことは、実績は2年くらいでトラックレコードは推定値のようなのです。もう少しフォローする必要がありますが・・・・
ご参考までに
http://jinblog.blog8.fc2.com/

P/S
2006年ではなく、「2004年以来の実績」ではないかとの疑問が持たれている。 と訂正いたします。

Nobさん

情報ありがとうございます。

実績は4年くらいでトラックレコードは推定値のようだということですね。そうなると、2009年の「実績値」がどうなるか興味深いです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。