プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大なdebt to GDP ratio

今回の金融危機を評して「100年に1度の危機」といわれていますが、安易にこの言葉を使いすぎるのはどうか?という記事を掲載しました。しかし、これは、今回の危機が小さいという意味ではなく、その大きさや期間などをできるだけ正確かつ客観的に記載すべきだという意味です。これまでの普通の不況は1年未満であることが多く、その意味で、今回の危機が普通の不況でないことは明らかです。

Steve Keen’s Debtwatchというブログに以下の記述があります。

The recent rally in stock markets came to a sudden end, and after a brief period of renewed confidence, the question “how much worse can “It” get?” is once again doing the rounds.
My answer is: a lot worse. The empirical grounds for this assessment are:
• The ratio of asset prices to consumer prices–or the inflation-adjusted asset price index;
• The ratio of private debt to GDP; and
• Japan
In short, global asset markets have a lot further to fall, and a serious recession–the worst we have experienced since the Great Depression–is inevitable.

これは2008年8月の記事ですので、リーマンショックの前ですが、3つの根拠を挙げて、sereious recession the worst we have experienced since the Great Depression–is inevitable(大恐慌以来最悪のリセッションは不可避である)と結論付けています。

以前に、グラフトン通りさんのブログを引用しながら、Dowが5,000ドルを割る可能性について検討しましたが、ほとんど同じような理由付けで、Steve Keen’s Debtwatchでも、Dowが5,000ドルを割る可能性に言及しています。

さらに、バブルの背後に存在し、バブルを致命的にするものとして、借金(Debt)の存在を挙げています。
The killer behind the Bubble: Debt
The level of overvaluation of asset markets reflects the unprecedented scale of private debt, both here and in America–since the vast bulk of that debt was undertaken to finance “Ponzi” speculation on shares and housing. This is the reason that this recession will be so severe–as will the asset market bust.
・“Ponzi” speculation:ねずみ講

Every “recovery” from a debt-induced recession since 1970 has involved resumption in the tendency for debt to grow faster than GDP (see Figure 12, where the once seemingly major debt crisis of the late 80s is now just a pimple on the upward trend of the debt ratio to its current unprecedented level).
・resumption:続行、再開
・pimple:吹き出物

Yet today the debt to GDP ratio is more than twice that of the Great Depression. It is simply cannot go any higher. Who else, after all, can banks lend to, now that they have exhausted the “subprime” market? The only way for the debt to GDP ratio now is down (unless we’re unlucky enough to experience deflation, in which case the ratio will rise further, as in the Great Depression), and as it heads down, so will output and employment. A serious recession is inevitable.

Welcome to “the recession we can’t avoid”.

100年に1度の危機といわれますが、“the debt to GDP ratio is more than twice that of the Great Depression”ということですので、GDPに対する借金の比で見ると、大恐慌のときよりさらに悪いということです。

楽観的になるにせよ、悲観的になるにせよ、データから離れて騒いでも仕方がないので、自分なりのシナリオを描いて、冷静に対処したいものです。
スポンサーサイト

<< 英HSBCとHSBC香港の関係 その3 | ホーム | 書評:企業年金減額に立ち向かう法(阿部芳郎著、本の泉社) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。