プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資より本業で稼ぐべきだという意見について その3

「友人に自営業で稼いでいる人がいて、彼いわく、投資なんかでお金を増やそうと思わないで、ちゃんと自分で働いてお金を稼ぐべきだ、と言われます。こういう人にどう反論すればいいのでしょうか?」という問題について、しつこく考えています。

考え方の順序として、まず、この意見がどのようなことを主張しているのか確定する必要がありますが、前二回の記事での検討により、「投資なんかでお金を増やそうと思わないで、ちゃんと自分で働いてお金を稼ぐべきだ」という意見は、「資産運用では大金を得ることは難しいので、大金を得たいのであれば、自分がコントロールできるものに投資すべきだ」と解釈すべきように思います。

偶然ですが、久留米っ子インデックスの街というブログにも、「お金持ちはインデックスファンドをどう思っているのか」というほとんど同趣旨の記事が掲載されていました。

----------------------------------------
私     『経営者やお金持ちの方にとって、インデックスファンドをどう思っていますか?』

社長さん 『う~ん、私が言う事が他に人に当てはまるか分からないけど・・・言うなら自転車の補助輪だと思うよ』

私     『どれはどういうことです・・・?』

社長さん 『つまり、なくても良いけどあれば安心できるかな・・・くらい』

社長さん 『インデックスファンドよりも私やその友人ならその金で違うビジネスをやると思うよ』


まず投資をするにはお金が必要であり普通なら会社で働いて給料を頂いて、その中から投資をしていきます。
これはサラリーマンでも経営者でも同じです。
そして投資を行う場合に私はインデックスやアクティブファンドやETFを投資していますが、その社長さんはやらないと言うのです。
それはなぜかと言うと・・・自分の意見が全く考慮されずににいるから。

インデックス投資は時間を味方にして複利を活かし雪だるま方式で増やしていきます。
インデックスファンドは確かに長期投資で見るには良い投資であると言われました。
ただ、長期投資にしてはあまりにも長すぎてパフォーマンスとみた場合にリターンが低すぎると。
逆にそれがもったいないと、せっかく頭を使ってアイディアを出して自分の意見が考慮されるものにお金を動かした方がお金は増えるのではないかと言います。
まずは自分の仕事で給料を貰い、少しずつ貯めたお金で自分で考えて自分の意見が考慮されるものに投資をして、それでも余ったら株や投資信託に充てるべきだと言われました。

ただ、この意見はいろんなビジネスを十分に積んでいる人の例だと言われ、全員がそうではないのだとよと補足はされていました。

私もいろんなブログや本で投資について勉強しているつもりですが、経営者の方からの視点はまた違うものなんだな思いました。
----------------------------------------

「まずは自分の仕事で給料を貰い、少しずつ貯めたお金で自分で考えて自分の意見が考慮されるものに投資をして、それでも余ったら株や投資信託に充てるべきだ」という意見は正論で、「自分の意見が考慮されるものに投資」することが、本来の投資というべきなのでしょう。

この点、株や投資信託は、自分の意見が考慮される度合いが少ないので、本来の投資ではなく、リスク資産での運用というのが正しいと思います。リスク資産での運用を投資と呼ぶことが多く、概念の混同が存在するために議論が迷走しがちですが、一般に投資と呼ばれているのは資産運用の一種であり、余剰資金で行う刺身のつまのようなものであるとすれば、大金を稼ぐメインエンジンにはなり得ないはずですし、あまり熱くなるのも考え物です。

リスクコントロールという点からみると、いわゆるアクティブ運用も、本来の投資と比較すれば、自己がコントロールできる領域がほとんどないという点で、パッシブ運用とほとんど変わらないと思います。アクティブ運用のコントロール可能性が高いのであれば、1銘柄、多くとも3銘柄程度の集中投資にすべきですし、自己がコントロールできないもの(TOPIXなど日本経済全体)を競争相手(ベンチマーク)にする必要はないものと思われます。

友人に自営業で稼いでいる人がいて、彼いわく、投資なんかでお金を増やそうと思わないで、ちゃんと自分で働いてお金を稼ぐべきだ」という意見は、資産運用を投資と勘違いし、資産運用で大金を稼ごうとしている人に対する意見としては、基本的に正しいと思います。

(このシリーズ終わり)
スポンサーサイト

<< 国内証券口座の海外ポータビリティー その3 | ホーム | 社会保障協定について その1 >>


コメント

最高の資産運用法

資産の有る人が運用するので資産運用。基本は資産を失わないこと、守ること。ところが、時間と心の隙が生まれると、資産の有無が関係ない投資の世界へ足が向く。それが人間。欲望あるところにビジネスあり。慢心と無知につけ込むのが商売。本業に全力投球していれば、投資に足が向かう時間なし。長期で見れば、本業を忙しくするのが、最高の資産運用法。これが正論でしょうか?

本業に全力投球していれば、投資に足が向かう時間なし。長期で見れば、本業を忙しくするのが、最高の資産運用法。これが正論でしょうか?
→まさに至言ですね。私も、本業に成功し、忙しくするのが最高の資産運用法だと思います。ビジネスセンスがあり、本業に成功している知り合いで、株式投資に興味がない方は結構多いです。そういうことに興味を持つ時間もないし、必要もないのでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。