プロフィール

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震の影響で香港のホームページにアクセスできなくなりました

ユナイテッドワールド証券ジャパンのホームページによりますと、「台湾地震による日本・香港間の海底ケーブル切断による影響により」、通信回線の障害が発生しているとのことです。

HSBC香港、BOOM証券、香港政府のホームページについてもアクセスしてみましたが、全て日本からはアクセスできません。

復旧の目途については、香港に問い合わせ中です。

インターネットに接続できない状態が長引いた場合、レターによる指示で代替するしかありません。


レターで指示を出す場合、HSBC香港のホームページ上からダウンロードできるフォーム(インターネットに接続できないので、フォーム自体ダウンロードできません。)を使用する必要はなく、必要事項が記載されているサイン入りのレターであれば特に問題なく受理されます。

送金を指示する場合には、
Please transfer funds to:
Bank name(銀行名):
Beneficiry name(受取人名):
Account Number(口座番号):
Amount(金額):JPY 5,000,000(five million only)
Remitter name(送金人名):

送金指定日があれば何日までに送金するようにという指示文言を入れます。特になければレターを受け取ったらすぐに送金するようにという文言を入れます。

下記のような文章も入れるのが通常です。
Should you have any query, please feel free to contact me at 電話番号.

あとは、サインして、取引のある支店に送付するだけです。

レターの内容が不明確だと国際電話がかかってきますので、レターの内容だけで送金できるように記載してください。送金金額が大きい場合にも国際電話がかかってくることがあります。誕生日(date of birth→電話だと、デイタバーと聞こえます。)、パスポート番号などを聞かれます。

EMSでレターを送るのが最も早く(通常900円)、2日後には香港に着きます。但し、HSBC香港内などでの処理に時間がかかることが多いので、ビジネスのために海外口座を使用されている方は、現地エージェントなどに直接レターを送付し、支店まで持っていってもらうべきです。

海外口座には、色々なトラブルがあるものです。



スポンサーサイト

<< 租税条約を勉強しよう その3 二重課税はどのような場合に生じるか? | ホーム | 租税条約を勉強しよう その2-租税条約は海外投資家の強い味方 >>


コメント

中国ー日本もダメです。

PALCOMさん。どうも!

中国ー日本もダメです。
今夜やっと自宅のPCはなんとかつながるようになりました。
会社では何度やってもダメでした。
困ったもんだ。

スマイリーさん、こんにちは。

日経記事によると、復旧のメドが立っておらず、復旧までに2,3週かかるかもしれません。

HSBC香港にアクセスができることはありますが、非常に速度が遅いので、各種の処理をネットで行うことはできません。

手書きのレターと電話での会話で指示を出すしかありません。

勘違いしている人が少なくないですが、指示レターはHSBC香港のホームページ上からダウンロードできるフォームでなくてもOKです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


台湾地震で香港市場への投資が出来ない!?

 ユナイテッドワールド証券(UWJ)の入口にもありますが、台湾地震の影響で日本~香港の光ケーブルが切断され、注文が出来なくなっていたようです。またコールセンターにも繋がりにくくなっていました。UWJのみならず、


台湾沖地震で香港との通信不能

去る26日に台湾南部の屏東県恒春(Pingtung County townshi


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。