プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英ロイズ銀行の株価が3ドル割れ

アメリカの金融危機の影に隠れていますが、イギリスの金融危機も深刻なようです。

英のThe Guardianに、Lloyd is a zombie bank that serves no oneという記事が掲載されていました。

Zombie bankについて、Wikipediaの英語版に、次のような説明があります。

A Zombie Bank refers to a bank with a net worth which is less than zero, but which continues to operate because of implicit or explicit government guarantee. Zombie banks are a key factor in causing silent bank run, since the reliability of the government guarantee can be called into question when a significant number of banks are in distress.

Zombie bankという語は、ゾンビ企業を抱えているにもかかわらず、再建せずに放置し、政府からの資金に頼って生き延びている日本の銀行を指すための用語として生まれたようですが、外国でも活躍しているようです。

The Guardian紙の記事の冒頭は以下のとおりです。全文はこちら。

The prancing black horse is becoming a knackered nag, the symbol of a bank whose remaining market capitalisation neatly matches the £10bn losses incurred by its new stablemate HBOS. Shares in Lloyds bounced around yesterday - down 22% at the start and 8% by the close - while it lingers somewhere between private and state ownership, a zombie bank serving no one. The chancellor, his deputy and the bank insist that nationalisation can be avoided. Some in the City agree: "HBOS has now been big-bathed and few material further losses will emerge," said one analyst yesterday. Others expect Lloyds to join RBS in taxpayer majority ownership. Meanwhile, politicians are hectoring Lloyds about bonuses while a Tory opposition that backed its shotgun marriage with HBOS in the autumn now declares it to have been a disaster - and inevitably all Gordon Brown's fault.

prancing horse:跳ね馬(Lloyds銀行の社章)
knackered nag:老いぼれた馬
market capitalisation:時価総額
stablemate:同じ厩舎の馬、転じて仲間、prancing horseとかけている
linger:居残る、留まる
chancellor:財務大臣
material:重大な
RBS:ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドの略
Tory:保守党員、保守党支持者
shotgun marriage:強制結婚

Lloyds銀行の株価(NYSE)は、3ドルを割っています。Zombie bankということは、逆にいうと、簡単にはつぶれないということなのかもしれませんが、注意しておくに越したことはないでしょう。

外国の銀行に郵送で口座を開設することを希望される方も多く、確かに開設に限って考えれば便利な方法なのかもしれませんが、こういう状況になって、現地に誰も知り合いの行員がいないというのも考え物だと思います。本当に口座開設が必要かどうか、十分に検討してから開設すべきでしょう。
スポンサーサイト

<< 共有名義口座と預金保護 その1 | ホーム | 節約する 車を売る その9 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。