プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就業不能補償保険について

保険については全く詳しくないですが、就業不能補償保険という保険があるそうです。日経新聞のオンライン版に、就業不能補償保険に心の病特約が付いた商品が日生から販売されるという記事が掲載されていました。心の病によって就業不能となった場合に、その期間の所得を補償する商品だそうです。企業側は、これで安心して、心身ともに疲れ果てるまで労働者をこき使うことができるようになるのでしょうか?これは、保険のモラルハザードが問題になる場合ですが、この種の保険というのは、生活防衛のために活用できる可能性がありそうです。とりわけ自営業、自由業、小規模企業経営者の場合には、病気や怪我で働けなくなると、その日から収入が閉ざされてしまいます。

就業不能期間の所得を補償してくれる保険があれば、生活防衛資金の額を減らすことが可能になるのかもしれません。就業不能補償保険は長期療養時の所得を補償するだけなので、勤務先の倒産などによって無職になった場合の所得まで補償してくれるわけではありません。従って、就業不能補償保険は、生活防衛資金が活躍する全ての場面をカバーできるわけではありませんが、サラリーマンであれば、勤務先の倒産などによって無職になった場合の所得は失業保険でカバーされますし、自営業や自由業であれば、取引先が倒産した場合、新たに取引先を探せばよいだけです。とすると、長期療養時の所得を補償してくれれば、生活防衛資金が活躍する場面のかなりの部分をカバーしてくれることになりそうです。

就業不能補償保険は、医療保険とは異なり、治療費ではなく、所得を補償することを目的としています。従って、治療が不要であるが、働けない状態のときも所得を補償してくれるそうです。ピアニストが指を失って、指の治療は終わったが、結局、ピアニストとして働けなくなったような事例です。治療が必要な場合でも、医療保険は治療費をカバーするだけなので、別途所得を補償してもらうことには意味があります。

労働環境が悪化しており、企業側にも余裕がなくなっているので、長期的な治療を要する病気に罹ると、真っ先にリストラの候補に挙がるのが現実だと思われます。保険料支払いの負担というデメリットに比べて、生活防衛資金を減額し、その分を投資に回せるというメリットが大きいと判断すれば、検討の余地ありといえるかもしれません。

参考サイト:日立キャピタル損保の長期所得補償保険
スポンサーサイト

<< ”お気に入りのブログ”の第一回目の記事を読んでみる その1 | ホーム | 分散投資という名の集中投資? その4 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。