プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永住権と兵役の義務 その5

前回の記事から間が空きましたが、永住権と兵役の義務について検討しています。

検討している具体的な例は、オーストラリア人男性と国際結婚し、シンガポールに在住している日本人女性(永住権取得済み)の間に子供が生まれたケースですが、シンガポールでは、第二世代の永住権者には兵役の義務が課せられるとのことです。永住権は権利であって義務ではないので、最終手段としては、子供が国籍を有している国に戻れば、兵役の義務を免れることは可能だと思われます。もちろん、子供が国籍を有している国に兵役の義務があれば別ですが、幸いなことに、オーストラリアにも、日本にも、兵役の義務はありません。

オーストラリア人男性と日本人女性の間に子供が生まれた場合、日本の国籍法は血統主義を採用しており、父系血統主義ではなく、父母両系血統主義なので、日本国籍は取得できます。オーストラリアの国籍法によりますが、おそらく、日本とオーストラリアの二重国籍になり、日本は成人の二重国籍を排除するようにしているので、成人に達したら、日本とオーストラリアの国籍のうち何れかを選択し、且つシンガポールに居続けるのか、国籍を有する国に戻るのか選択を迫られるのでしょう。国籍を有する国に戻るといわれても、子供にはシンガポールが母国のようなものなので、「戻る」という感覚はないのかもしれませんが・・・。

シンガポールに居続ける場合に、必ず兵役の義務を課せられるかですが、一口に兵役の義務といっても、免除要件や代替義務の有無、期間、義務の内容など、国によって相当に異なるので、予め調べておくことが重要だと思います。

しかし、そもそも、兵役の義務が現代の憲法と両立するのかどうか根本的な疑問があります。この問題に関しては、兵役の義務を廃止か、復活させるかという二者択一の議論になりがちですが、18歳から20歳の男女に主権者教育を受ける義務(国政監査に必要な教育を受け、実際に国政を監査する義務)を課し、その代替義務として、本人の意思により、2年より短い期間の兵役の義務に変えられるようにするというのがスマートな立法であると思います。少なくとも、成人式に馬鹿騒ぎする若者は減るでしょう。

「18歳から20歳の男女に主権者教育を受ける義務を課し、その代替義務として、本人の意思により、2年より短い期間の兵役の義務に変えられるようにする」という立法について、若干の検討を続けたいと思います。

前回の記事:永住権と兵役の義務 その4

スポンサーサイト

<< カタカナ言葉に注意せよ | ホーム | 就職も投資も長期的視点で その2 >>


コメント

子どもの永住権

PALCOMさん
お久しぶりです。

>シンガポールでは、第二世代の永住権者には兵役の義務が課せられるとのことです。

私の周りに結構、親が外国人のPermanent Resident(永住権保持者)というケースがありますが、まず、生まれたのが女の子であれば問題ありません(兵役なし)。
男の子であれば、子どもはPermanent Residentにするのではなく、Dependent Pass(扶養家族ビザ)にしているケースがあります。こうすれば、Permanent Residentではないので、兵役は免れますが、その前に学校進学で市民や永住権保持者と同じ扱いが受けられないというデメリットがあります。
他の兵役がある国もそうですが、外国にいる間は免除、など免除用件もありますし、シンガポール軍隊はそもそも戦場に送られる可能性は少ないので、しつけにいい、という人もいます・・・

la dolce vitaさん

ご無沙汰しております。お元気でしょうか?

まだ、お子さんもおられないのに、話を勝手に進めていますが、予め考えておくべき問題であることは確かですね。

台湾では、兵役が廃止される方向にあるようですが、結局のところ、その国の国民が兵役をどのように考えるかということのようです。

現在でも厳しい兵役(期間が長く、代替役務制度がない)が残っている国は、韓国、台湾、シンガポール、ベルギー、スイスなど、大国に侵略された(あるいは、その可能性が高まった)過去がある国が多いようです。

シンガポールを侵略したのは、日本でした・・・。

従って、この問題に関しては、「親の因果が子に報い」という面もあるように感じます。

なお、軍隊にしつけを期待する親もいるようですが、しつけは「親の仕事」だと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。