プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁、家を買う その3

嫁が、区内某所に一戸建てを購入しました。副都心まで自転車で15分くらいですので(今では、自転車が私の主要な移動手段となっています。)、交通至便です。木村剛氏の著作「投資戦略の発想法」には、家は買うな、借りるべきだという趣旨の記述がありますが、一方で、借金せずに購入できるのであれば家を購入してもよいという記述もあります。嫁は、借金せずに購入したので、「投資戦略の発想法」の投資戦略に反することはないといえます。

折角ですので、借金なしでの購入が可能になったポイントを挙げておきたいと思います。

①結婚式も、新婚旅行もしていない。
 芸能人は、派手な結婚式を挙げるのが商売の一部のようなものですし、そのお金もあります。また、新郎・新婦も美男美女であることが多くて絵になります。金も美貌もない、一般庶民が真似る必要はないと考えています。300-500万円くらい浮きました。

②義父が都心に引っ越したので、郊外の家が丸々空いた
 これは、ラッキーでしたが、近頃、こういうパターンは多いと思います。当然築年数は古く、新しい家に住んでいる若いカップルをうらやましく感じるかもしれませんが、うらやましがる必要はありません。そんなものは、どうせ借金の塊ですから。都会の住宅賃貸料は高いですので、1,500万円から2,000万円浮きました。

③借金はしないと固く自分の心に言い聞かせる。
 インフレ時代には、資産価値が上がるからローンでの住宅購入がお得といわれていましたが、デフレ時代にも、金利が低いからローンでの住宅購入がお得といわれています。これだけ矛盾した勧誘が行われているということは、どうしても住宅を販売したいという販売サイドの思惑があるわけで、裏を返せば、どんな時代でもそういう誘惑には乗るべきではないということでしょう。

④数千万円程度の貯金には、小難しい理論より、貯める根性が重要
 郊外の家が丸々空いたのはラッキーでしたが、職場への通勤時間は長かったです。お金が貯まるまでそういうことを厭わない根性は絶対に必要だと思います。

⑤世間体を気にしない
 日本人は世間体を気にする人が多すぎると思います。自分が必要かどうかではなく、他人が持っているからとか、宣伝しているからという理由で高価な買い物をしているとお金は貯まらないです。

将来が不安だからといって不動産を購入する人は多いですが、借金で購入しているのであれば、特にデフレ下においては、なんら不安の払拭に貢献しないはずです。
スポンサーサイト

<< 嫁、家を買う その4 | ホーム | 日本国は破産しないのか? その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。