プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ多くの投資家が復帰する頃合いでしょうか?

仕事が忙しく、更新できませんでした。暴落も一段落したようなので、更新が滞っても退場したと思われずに済みそうです。実際のところ、仕事が忙しいと、パソコンを立ち上げてブログの記事を書く時間はおろか、他人の文章を読む時間も惜しいくらいです。

暴落も一段落しているようですが、昨年度の暴落で投資から離れている人も、戻ってくるのかもしれません。暴落で投資から離れることができる、ホールドしてもよいし、売却してもよいというのは、まさしく、個人投資家の特権なので、投資のことを考えると落ち込むというのであれば、投資から離れていればよいし、投資のことを考えると嬉しくなるというのであれば、戻ってくればよいと思います。

投資ブログから去っていく人は、突然去っていき、後は音沙汰なしになるというパターンが多いような気がします。長く続いているブログを読んでいると、コメントをつけている読者の顔ぶれも変わっていくことに気づきますが、以前によく見た常連読者がいなくなると少し寂しくなります。色々な意見が出ないと、いつものメンバーでいつもの議論をしているという状態になりかねないので、なるべく多くの人に復帰して欲しいと思っています。

ただ、この先、V字型の回復をするかどうかは疑問ですので、復帰する投資家も過剰な期待は禁物かもしれません。
スポンサーサイト

<< ろくでもない貧乏人>ろくでもない金持ち | ホーム | 政府の債務残高と利払いの関係 >>


コメント

そうでしょうか

マネー誌なんかを見るとボーナスが少なくて貯蓄に
回す人が多いようですかね?冬のボーナスも不安
なのでしょう、、
私はこういうときのために?賃貸ですので去年の
急落から投資を続けています。一部の資産(個別株)
は2倍・3倍にもなりました(半分は売却)。
そういうところから見ると今から新規で買う気には
なれないでいます。まあ、逆に直近買わずに待機組
は1Qの決算を見て投資再開する人はいるでしょう
けど 痛んでいる人も相当に多いのが現実かもしれ
ません。
もちろん、相場が活気づいてくれたほうがうれしい
ですけどw

そうですね。私自身はボーナスがないので実感がありませんが、ボーナスが大幅に減額された場合には、株式相場の状況とは無関係に、投資再開は難しいのかもしれません。株式相場そのものは、一時のパニック的な下落が一段落してきましたので、不安感から一時的に売却したのであれば、そろそろ再開してもよいのではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。