プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろくでもない貧乏人>ろくでもない金持ち

相互リンク先の「貯金生活。投資生活。」に、「日本をよくするには?」という問いに対して、日本の20代、30代が「金持ちに課税する」という趣旨の答えをしたという記事が掲載されていました。こういう考え方が日本の圧倒的多数派だということは分かっているので、今更驚きはしませんが、それでいて、日本では、共産党は圧倒的なマイナー政党であり、よく分からない国だと思ってしまいます。

こういう考え方の背景には、「金持ち=悪、貧乏人=善」という単純な二分法があると思いますが、はっきり言えば、ろくでもない金持ちより、ろくでもない貧乏人の方が圧倒的に多いと思われます。ろくでもない金持ちがいるとしても、自分はそういう金持ちにはならないと考えれば済むだけで、ろくでもない金持ちがいることが、金持ち全体をバッシングすることの理由にはならないはずです。

ろくでもない金持ちの筆頭として槍玉に上がるのは、親の遺産を相続したぼんくら二世です。しかし、以前の記事にも書きましたが、政治家の世襲に対しては、驚くほど寛容です。民意で選ばれたのだから、政治家の世襲はいいのだという意見もあるようですが、実際には、地元の利益になるから政治家の世襲はいいのだというのが本音でしょう。

「他人より10倍金持ちになりたいかと聞かれたら、ほとんどの人がイエスというだろう。」しかし、そのために10倍の努力をすることを厭わないかと聞かれたら、ほとんどの人がノーというだろう。」という言葉があります。そもそも、この言葉は、金持ちが他人より努力して財産を為したことを前提としています。「ろくでもない金持ちより、ろくでもない貧乏人の方が圧倒的に多い」という主張すらタブー視されている日本では、努力して金持ちになった人が多いという事実すら無視されているように思います。





スポンサーサイト

<< 給付金と無駄な公共事業 その1 | ホーム | そろそろ多くの投資家が復帰する頃合いでしょうか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。