プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸福実現党の新憲法案がすごい

最近、街頭で幸福実現党なる政党の演説を聞くことが多くなってきました。調べてみると、幸福の科学が創立した政党のようです。無神論者である自分にとって、宗教団体の政党というだけで積極的な関心は沸きません。

もちろん、宗教団体が政党を持つこと自体は政教分離原則に反することはないですが、幸福実現党のホームページに記載されている新憲法案がすごいものです。

-----------------------------------------------------
前文
 われら日本国国民は、神仏の心を心とし、日本と地球すべての平和と発展・繁栄を目指し、神の子、仏の子としての本質を人間の尊厳の根拠と定め、ここに新・日本国憲法を制定する。
第一条
 国民は、和を以って尊しとなし、争うことなきを旨とせよ。また、世界平和実現のため、積極的にその建設に努力せよ。
第二条
 信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
第三条
 行政は、国民投票による大統領制により執行される。大統領の選出法及び任期は、法律によってこれを定める。
第四条
 大統領は国家の元首であり、国家防衛の最高責任者でもある。大統領は大臣を任免できる。
第五条
 国民の生命・安全・財産を護るため、陸軍・海軍・空軍よりなる防衛軍を組織する。また、国内の治安は警察がこれにあたる。
第六条
 大統領令以外の法律は、国民によって選ばれた国会議員によって構成される国会が制定する。国会の定員及び任期、構成は、法律に委ねられる。
第七条
 大統領令と国会による法律が矛盾した場合は、最高裁長官がこれを仲介する。二週間以内に結論が出ない場合は、大統領令が優先する。
第八条
 裁判所は三審制により成立するが、最高裁長官は、法律の専門知識を有する者の中から、徳望のある者を国民が選出する。
第九条
 公務員は能力に応じて登用し、実績に応じてその報酬を定める。公務員は、国家を支える使命を有し、国民への奉仕をその旨とする。
第十条
 国民には機会の平等と、法律に反しない範囲でのあらゆる自由を保障する。
第十一条
 国家は常に、小さな政府、安い税金を目指し、国民の政治参加の自由を保障しなくてはならない。
第十二条
 マスコミはその権力を濫用してはならず、常に良心と国民に対して、責任を負う。
第十三条
 地方自治は尊重するが、国家への責務を忘れてはならない。
第十四条
 天皇制その他の文化的伝統は尊重する。しかし、その権能、及び内容は、行政、立法、司法の三権の独立をそこなわない範囲で、法律でこれを定める。
第十五条
 本憲法により、旧憲法を廃止する。本憲法は大統領の同意のもと、国会の総議員の過半数以上の提案を経て、国民投票で改正される。
第十六条
 本憲法に規定なきことは、大統領令もしくは、国会による法律により定められる。
-----------------------------------------------------

いきなり、「神仏の心を心とし」という言葉が出てきており、憲法というより宗教上の教義のような感じです。しかし、これは小さな問題です。

問題は、第七条です。「大統領令と国会による法律が矛盾した場合は、最高裁長官がこれを仲介する。二週間以内に結論が出ない場合は、大統領令が優先する。」ということです。大統領が拒否権を持つとかそういうことではなく、大統領に立法権を与え、しかも大統領の立法権が国会の立法権に優越することになります。ほとんど独裁政権といっても過言ではありません。

第八条には、「最高裁長官は、法律の専門知識を有する者の中から、徳望のある者を国民が選出する。」と記載されていますが、大統領が候補者の「徳望」の有無を判断し、その中から国民が選出するということなのでしょうか?そもそも、「徳望」という文言が法律になじまないように感じます。

第十条は、「国民には機会の平等と、法律に反しない範囲でのあらゆる自由を保障する。」と定めていますが、「法律」に大統領令が含まれることは明らかなので(第六条)、結局、大統領の御心に反しない範囲で自由が保障されるに過ぎないことになります。

新憲法を改正しようとしても、「大統領の同意」が必要とされます(第十五条)。こうなると大統領はやりたい放題です。ちなみに、「過半数以上」という文言は法的に不明確で、「過半数」なのか、「半数を含む」のかよく分かりません。

「本憲法に規定なきことは、大統領令もしくは、国会による法律により定められる。」とのことですが、大統領令は国会制定法に優越する(第七条)ので、およそ全ての事項は大統領の意思によって決められることになります。大統領令が幸福の科学を国教と定め、国会がそれに反対しても、大統領令が優先するので、幸福の科学が国教となるわけです。信教の自由は保障されていますが(第二条)、所詮、「法律に反しない範囲での・・・自由」に過ぎず、「法律」には大統領令が含まれるので、幸福の科学が国教となることは違憲ではないという結論になるのでしょう。
スポンサーサイト

<< エマージング中心の投資に切り替えるべきか? | ホーム | 給付金と無駄な公共事業 その1 >>


コメント

立憲君主制の時代の憲法みたいですね。

ただ一点、

>国家は常に、小さな政府、安い税金を目指し、

というところは大いに賛成できます。

妙な名前の新党だなと思って調べてみたところ、幸福の科学の政党だと知って納得しました。

経済政策には賛成できるのですが、憲法案がすごすぎてびっくりしてしまいました。唯一絶対の価値や教祖を信じる宗教団体が憲法を作るとこのようになってしまうのでしょうね。

私はあまり政治や法律に詳しくないので、
素朴に思った事を書いただけのコメントで失礼します。

現在のように政治家同士が足を引っ張り合い、
大切な決め事1つ決めるのに膨大な時間がかかるくらいなら、
本当に力のあるリーダー1人(大統領)にひっぱってもらうのは有りかもしれない、と思いました。
江戸時代の将軍様のようなイメージです。

もしリーダーが変な方向に進む場合は、この憲法の場合国民投票で変更させることも可能なのではないでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。