プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの皆保険制度導入について

FENを聞いていると、最近、アメリカの皆保険導入についての議論がさかんに戦わされていますし、ニュースでもこの話題が頻繁に取り上げられています。映画Sickoで取り上げられて有名になりましたが、先進国で皆保険制度がないのはアメリカだけです。高齢者向けの保険制度はありますが、十分ではないようで、Sickoでも、薬代を稼ぐために70過ぎても清掃夫をしている老人が「豊かな老後なんかどこにあるんだ」というようなシーンがありました。

アメリカで皆保険が導入されない建前の理由は、「自己責任の国だから」ですが、真の理由は、「民間医療保険会社が儲かるから」であることが映画によって明らかとされました。

オバマ氏が皆保険導入を試みていますが、元々は、ヒラリー・クリントンが強力に推し進めていたものです。その結果、民間医療保険会社を敵に回すことになりました。これがなければ、ヒラリー・クリントンが大統領になっていたかもしれません。

ラジオでは、増税が不可避であるという理由で、反対の意見が結構多いですが、税金で賄われているのは医療制度だけではなく、警察、司法、軍隊、道路も税金で賄われているわけなので、仮に増税が不可避であるとしても、それだけでは反対理由にはならないように思います。他国でも、やりくりして皆保険制度を維持しているので、アメリカもそのようにしようと思えばできるはずです。

ただ、アメリカは事実上世界の警察の役割を果たしていて、軍事費が巨額なので、極力増税を抑えるためには、軍事費を削って皆保険制度に回すしかないのでしょうか?そうすると、日本の軍事費が増えることになるのかもしれません。

また、アメリカは財政状況が非常に厳しいので、財源の裏づけがないままに皆保険制度を導入すると財政破綻するのではないかという意見もよく聞かれます。仮に、皆保険制度によって必要となる財源を全て新たな増税で賄おうとすると、消費が抑制されると予想されます。

日本では、いずれ衆院選一色になると思いますが、アメリカの医療改革についても注視していきたいと思います。
スポンサーサイト

<< 節約する-家賃を下げる その2 | ホーム | プラスの銘柄とマイナスの銘柄が同数に >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。