プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Visual-based search engineはネットビジネスをさらに進化させるか?

ネットビジネスが進展するにつれて、インターネットで購入できる製品・サービスの種類が増えるとともに、消費者の心理的抵抗も減り、インターネットで購入できないものが少なくなってきました。インターネットでの購入に適しているものは金融商品や書籍などですが、自動車や不動産をインターネットで購入するケースも増えているそうです。

現在、インターネットの検索は、検索したい用語を入力して行っています(text-based search engine)。これに対して、画像をベースとした検索エンジンも開発されており、既にネットビジネスに使用されています。
Like Visual Search-Find things by Appearance with our new Likeness technology(新技術Likeness technlogyにより外観で品物を検索)

画像をベースとした検索エンジン(visual-based search engine)は、用語をベースとした検索に比べて情報量が少なく検索の主流にはなり得ないように思いますが、一見して有用と思える技術より、真価が不明な技術のほうが投資妙味があります。visual-based search engineが有するメリットについて検討してみます。

1つの大きなメリットは、text-based search engineとは異なり、検索者が使用する言語に左右されないということです。多文化国家であるオーストラリアなどでは、例えば、病院などで絵のカードを示して意思疎通する方法が考案されています。ホームページ自体をvisual中心に作ってやれば、画像ベースの検索エンジンも使いやすくなるかもしれません。

もう一つのメリットとしては、text-based search engineにはなじまない検索対象も検索できることです。具体的には、医療などで、画像診断のデータベースを作成して応用することが既に考えられているそうです。また、人間の顔も言葉では表現しづらいので、onlineでの結婚相談などに応用できるかもしれません。

実際には、visual-based search engineだけで検索できる分野は限られているので、text-based search engineと併用することになるでしょうが、使用する言語に左右されないという特性を活用して、有用なグローバルサービスを提供する企業が登場することを切望します。

今日のイディオム
make a difference 差が出る、影響を及ぼす、~を左右する

スポンサーサイト

<< 先進国への移住 その1 オーストラリア | ホーム | 香港の消費税導入計画見送りへ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。