プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転免許更新制度に意味はあるか? その2

運転免許証更新制度の交通事故減少効果について検討しています。

5年に一度、あのような映画を見せただけで、交通事故減少効果があるのであれば、親や上司は毎日小言を言う必要はなくなるはずで、常識論としては、運転免許証更新制度に交通事故減少効果などないという結論になるのが自然です。

ところが、さすが警察です。実は、運転免許証更新制度に交通事故減少効果があるという科学的データがあるそうです。

            更新前     更新後    減少率
  経験5年以下の者  31,710人   27,661人   12.8%
  一般運転者     126,963人   79,530人   37.4%
  (経験5年以下の者を除く)
更新者全体      161,590人    152,158人   5.8%
(「税金返せ!」(新潮社、玉川徹著)の第三章より)

事業仕分けには賛成だという声が圧倒的であり、私も賛成です。その大きな理由は、仕分け作業を通じて、各議員の頭脳レベルがよく分かるからです。できれば、上記のようなデータに反論できる能力がある人だけに国会議員をやって欲しいと思います。

上記のデータですが、一目見て違和感を抱くことがあります。それは、「経験5年以下の者」と「一般運転者(=更新までに、交通事故を起こして行政処分を受けたことがある者)」を比較していることです。普通、「経験5年以下の者」と「経験5年を超える者」を比較するか、あるいは、「優良運転者」と「一般運転者」を比較するはずです。少なくとも科学論文でこういうちぐはぐな比較をすれば、直ちにrejectされます。ところが、上記のデータでは、経験の短い人と、行政処分を受けたある人が比較されています。これは、「毎日朝食を食べている人」と「月に一回以上映画を見ている人」を比較するようなものです。

このような不自然な比較になっているのは、自然な比較をすると、警察側にとって不利益なデータが曝露されるからだと推測するのが常識的判断だと思われます。

こういうデータを理解して、行政機関の主張の矛盾を指摘できる国会議員が全体の何割ぐらいいるのか興味があります。

(続く)
スポンサーサイト

<< 運転免許更新制度に意味はあるか? その3 | ホーム | 子供手当てと年金 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。