プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「普通の人」に株式投資は無理なのか?

自己責任が強調されるようになり、老後資金を蓄えるのも自己責任という風潮になっています。そして、老後資金を蓄えるのに銀行預金だけに頼っていたのでは心もとないので、預金から投資へとシフトすべしというのが、よくある主張です。

しかし、そもそも普通の人に投資(リスク資産での運用)が可能なのでしょうか?投資ブログでは、この点を自明の前提として議論を進めているわけですが、これを自明としてよいかという疑問は常に抱いています。

これまで様々な記事を書いてきました。いただくコメントのレベルも高く、「この人は一体どういう人なのか?」と感心するような方も多くいます。議論のレベルが高くなるということはよいことですが、一方で、世間全般から見ると、相当偏った集団になっているかもしれないという危惧を抱くことも多いです。実際、大きな爪あとを残したサブプライム危機による相互リンク先の投資家の脱落率は、世間一般を基準としたときに、極めて低いと思います。

これを評して、インデックス投資はやはり優れているという結論を導くことは可能ですが、投資家のレベルが高かっただけではないかと考えることも可能だと思われます。

私の両親を見ていても、とてもではないけれど、リスク資産での運用など勧められません。結局、元本保証と銘打たれた金融商品を探してくるのが精一杯です。

①自転車に乗りながら携帯のメールをやり取りしていると事故の確率が増加するか?
②給料日には銀行のATMは混雑していると予想されるが、混雑を回避するにはどうすればよいか?
③みのもんたが勧めたものは、とりあえず試すようにしているか?
④月5冊以上本を読んでいるか?

①の質問の答えが分からない人に、リスク資産での運用ができるはずはないですが、周りを見渡すと結構こういう人は多いです。

②ですが、引き出す日を一日ずらせばよいと思います。

③ですが、目の前の情報に振り回され、結局、がせネタにひっかかる可能性が高そうです。

④ですが、読書をする人の割合は減っており、月に一冊も本を読まない人が増えているそうです。アメリカでも、同じような事実があるというニュースを聞きました。

質問①から④をクリアできないのが「普通の人」=多数派かもしれません。そうだとするならば、普通の人が株式投資をするのは無理だというのが正解なのでしょうか?

泳げる人にとっては、泳げない理由が分からず、泳げない人を批判したくなるのかもしれませんが、世の中には、努力しているのに泳げない人、あるいはどういう努力をすれば泳げるようになるのか分からなくて困っている人がたくさんいるのもまた事実です。

努力不足と能力・適正不足の線引きをどこでするかは、なかなか難しい問題です。






スポンサーサイト

<< 投資以外のブログ読んでますか? | ホーム | 中村裁判について その1 >>


コメント

こんばんは

そもそも論ですが、こういう話は嫌いではありません。
逆に、そもそも投資が必要なのかなんてのもありそうです。

こういうことを考えるのは結構楽しいです。

特に、こどもへの教育を考えた場合、そんなところからスタートなのですが、実際絶対こうだと言う答えがないので、ああでもないこうでもないなんていろいろやってます。


私も投資家という集団は偏っていると思います。

『年収200万円からの貯金生活宣言』なんて浪費癖があって借金を追っているような人に向けた本が売れているように、投資以前のステージにいる人もたくさんいそうです。
上記の本の著者も投資をするのは3つのステージで最後の最高のステージと書いています。そして、ほとんどの人は1番下のステージにいるとも書いています。

Re: こんばんは

> そもそも論ですが、こういう話は嫌いではありません。
> 逆に、そもそも投資が必要なのかなんてのもありそうです。
>
> こういうことを考えるのは結構楽しいです。
>
> 特に、こどもへの教育を考えた場合、そんなところからスタートなのですが、実際絶対こうだと言う答えがないので、ああでもないこうでもないなんていろいろやってます。

うさみみさん

いつの間にか、デイトレも下火になってしまったのでしょうか?デイトレやFXなど、色々な書物が投資を煽りますが、投資するためのスタート台に立っている人の割合というのは、実はかなり少ないのではないかと思っています。また、投資できる人の中でも、別に投資しなくても問題はないという人もかなり多そうです。70歳、80歳を超えても収入があれば、それほど多くのストックは必要ないですしね。私自身には子供がいませんが、もしいたとすると、自分の頭で考え、行動することと、その結果について自己責任を負うことを教えると思います。masaさんが以前おっしゃっていた、人生丸ごと自己責任という考え方ですね。投資は自己責任の意味を学ぶための最良の学校といえるかもしれません。ドロップアウトする人も多いですが。


Re: タイトルなし

> 私も投資家という集団は偏っていると思います。
>
> 『年収200万円からの貯金生活宣言』なんて浪費癖があって借金を追っているような人に向けた本が売れているように、投資以前のステージにいる人もたくさんいそうです。
> 上記の本の著者も投資をするのは3つのステージで最後の最高のステージと書いています。そして、ほとんどの人は1番下のステージにいるとも書いています。

1番下のステージにいる人が多いというのは、真実なのでしょうね。投資=リスク管理とすれば、金銭面を含めた私生活でリスク管理ができていない人に投資は無理だということになります。金融機関も、マネー雑誌も、その点を無視して、誰でも投資できるような言い方をするので悲劇が起こってしまうのでしょう。

また、標準偏差などという言葉とは無縁のまま一生を過ごす人が多数派なのに、投資の世界にこもっていると、標準偏差を知っていることが常識のように勘違いしてしまいそうです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。