プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーダルシフトについて その3 北海道新幹線について

航空機から高速鉄道へのモーダルシフトについて検討しています。電気自動車の実現可能性はともかく、電気飛行機の実現可能性は皆無と思われるので、環境やエネルギー危機の観点から、高速鉄道へのモーダルシフトの可能性を検討しておくべきでしょう。2010年現在、日本航空の再建がマスコミを騒がせていますが、今後、石油価格が上昇したら、全ての航空会社の経営が苦しくなるはずで、当たり前のように飛行機を使える時代は過去のものになる可能性があります。

2010年の時点で、政令指定都市間移動において、新幹線のシェアが航空機のシェアを上回っているのは、
①東京-京阪神
②東京-名古屋
③名古屋-京阪神
④京阪神-北九州
⑤東京-仙台
などです。

逆に、航空機のシェアが新幹線のシェアを上回っているのは、
①東京-北九州
②東京-札幌
③大阪-仙台
④大阪-札幌
⑤大阪-新潟
などでしょうか?

一般的な傾向として、①乗車時間が4時間を越えると航空機のシェアが急速に増える、②鉄道に乗換えが必要だと航空機のシェアが増えるそうです。

従って、東京-札幌間を4時間以内で乗り換えなしに結ぶことができれば、新幹線が航空機のシェアを奪える可能性はあります。東京-札幌は東京-博多と概ね同じ距離なので、新幹線が航空機のシェアを奪うことは難しい気もしますが、現在JR東日本が計画中の最高速度360km/hでの運転が可能となれば、東京-札幌間を3時間台で結ぶことは不可能ではありません。もっとも、新函館-札幌間をフル規格で建設する費用はなく、フル規格と狭軌が混在するために、所要時間が延びるとともに、新函館での乗換えが必要になるかもしれないという記事が鉄道の専門誌に掲載されていました。

北海道新幹線には反対も多いと思いますが、東京-札幌間を3時間台で結ぶことができれば利用者は見込めるのではないでしょうか?

カリフォルニア州や華南地域でも高速鉄道の建設計画が持ち上がっていますが、反対意見が強いようです。日本の事例を参考にしながら、海外でのモーダルシフトの現状を概観してみたいと思います。



スポンサーサイト

<< 女性と長期投資 | ホーム | リタイアしない人 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。