プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平均という名の呪縛 その2

普通の生活をしているつもりなのに、生活が破綻しかけている友人のことがうさみみさんのブログに掲載されていました。masaさんのブログでも、うさみみさんのブログに言及されていました。

masaさんも指摘されていますけれども、重要なことは、「今後、うさみみさんの友人のようなケースが増えるだろう」ということです。そういえば、電車の広告も債務整理関連の広告が増えているような気がします。

少し前の本になりますが、需要主体としての人の重要性について検討した「過疎列島」の孤独(額賀信著、時事通信社)という本に、以下のような記述があります。

(以下、p.98-102より、抜粋引用)


------------------------------------
第4章 人口減少が迫る経済変革
1.人口減少が壊す横並び社会

(中略)

五%成長時代には合理的だった横並び行動

(中略)

五%成長経済社会で活動する企業や個人の所得は、多かれ少なかれ伸びていたのだから、その間、勝ち組と負け組の差異はあっても、その差はあくまでも程度の差であって質の差ではない。そのような恵まれた所得環境が、五%成長経済のものでは実現していた。

(中略)

これに対しゼロ成長経済ではどうか。・・・ゼロ成長社会では・・・マイナス成長の領域に、半分の確率で企業・個人が分布している。・・・ゼロ成長経済では、負け組が続くと高い確率で倒産、個人破産の可能性があるから、勝ち組、負け組の差は単なる程度問題ではなくて、決定的な質の差である。・・・マクロのゼロ成長経済というと何か動きの乏しい停滞した社会を想像しがちだが、ミクロでみれば実は大変に浮沈の多いかつ競争の激しい社会なのである。

----------------------------------------

「マクロのゼロ成長経済というと何か動きの乏しい停滞した社会を想像しがちだが、ミクロでみれば実は大変に浮沈の多いかつ競争の激しい社会」というのは重要な指摘だと思います。ゼロ成長経済でも、多くの家計が破綻せずに済んでいるのは、日本に膨大なストックがあるおかげで、国の信用力でお金を集めて(つまり、国債を発行して)、ばらまくことが可能であり、何とか経済を回すことができるからでしょう。個人レベルでも、親からの援助を受けて、辛くも家計の破綻を免れているという家庭の話を聞くこともあります。

「普通の生活をしているのに、家計が苦しい」という人は、社会の大きな動きを把握するのが苦手で(あるいは、そういう視点でものを考えたことすらない)、自分の身の回りの出来事を自分が都合のよい側面からのみ見ているのでしょうか?

日本政府の財政事情も大変厳しく、兄貴分であるアメリカも破綻寸前です。アメリカの銀行の破綻も依然高水準ですし、アメリカ国債のトリプルA格剥奪問題もくすぶっています(本当は、すぐに剥奪されてもおかしくないと思いますが)。

政府の下支えがなくなれば、マクロでの競争の激しさがさらに激増したゼロ成長社会になることでしょう。「そうなったときに、うさみみさんの友人を笑える人は少ないのではないか?」というのが私の懸念です。
スポンサーサイト

<< 「贅沢」について考える その1 | ホーム | エマージング投資と石油消費 その2 >>


コメント

こんばんは

取り上げていただいてありがとうございました。

高度経済成長と低成長時代。
よりシビアな時代になりそうです。
独自の価値観、自分で考えることが大切な時代ですね。

やっぱり、平均でありたい!!

はじめまして、辛口コラムを拝見しました。
私としては、仮に収入が途絶えても、普通の生活が1日でも長くできるよう日々投資に励むだけです。
特に、わが子の極端に肩身の狭い思いはさせたくないです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。