プロフィール

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務署から海外送金についてのお尋ねがきた場合

海外勤務をされていた方から、ご質問をいただきました。

200万円超の金額の海外送金をしたところ、税務署からお尋ねの手紙がきてしまったそうです。その種の手紙が来ることがあるという話しはよく聞きますが、本当に来るようです。

対応は、「事実を隠したりせず、正直に話す」ことでしょうか。

質問された方は、海外勤務されていたわけですから非居住者であり、その間に得た利子所得は原則として日本への納税義務は生じません。海外勤務を終えて日本に帰ってきた後も、海外に銀行口座を維持しており、その間に生じた利子所得は、日本に納税する義務があるのが原則ですが、給与所得者の場合、給与所得以外の所得が少額(年間20万円)であれば、例外として確定申告する必要はありません。幸か不幸か、サブプライム後、海外預金の利率も低くなっているので、少額免除要件を満たすケースが多いと思われます。

ところで、2010年4月現在、税務署からお尋ねの手紙が来るのは、100万円超の金額の海外送金に変更されていると思いますので、海外で得た給与を日本に戻すような場合、一度に送金すれば、お尋ねの手紙が来る可能性は高いはずです。海外で得た給与を日本に戻すようなケースであれば問題はないですが、初めから、日本に税金を払わないつもり海外投資をしているようなケースだと慌ててしまうのかもしれません。

別に脱税していなくても、税務署からの手紙に対応するのは煩わしいので、香港などに銀行口座を持っているのであれば、一旦、滞在国の銀行口座から香港の銀行口座に送金しておいて、日本のATM(セブンイレブンのATMが海外銀行発行のキャッシュカードでの引き出しに対応しています。)で香港の銀行口座からお金を引き出すとよいかもしれません。もちろん、滞在国の銀行口座から日本のATMでお金を引き出してもよいですが、滞在国の銀行口座はすぐに閉じてしまうでしょうから、どこかに一旦お金を置いておく口座があれば便利だと思います。

現地で得た給与はある程度まとまった金額になるでしょうから、どうやって日本に戻すのか考えておく必要がありそうです。海外から日本に戻るときには非常に忙しいので、なかなか、日本での納税のことまで気が回らないかもしれませんが、可能であれば、この辺りのことも頭の隅に置いておくべきでしょう。

<< ソロー残差について その1 | ホーム | 日本の財政問題について 2010年 >>


コメント

PALCOM様
参考になるお話をありがとうございます。
今回の日本のATMから引き出すというお話ですが、その場合、手数料等はどのくらいかかるのでしょうか?
日本の銀行の International Card を持っているのですが、現地通貨で引き出すと、3%程度円換算レートが加算されてしまい、引出手数料もかかります。
いつもかなり損をしてしまうのですが、香港の銀行だとそんなこともないのでしょうか??
よろしかったら教えて下さい。お願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。