プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソロー残差について その1

長期投資家は、自国や世界の長期的な経済成長を仮定して、投資を続けていますが、そもそも、何故、経済が成長するのか、経済を成長させる要素は何なのかということは、実のところ、はっきりと分かっていないようです。

経済成長の源泉がよく分かっていなくても、経済さえ長期的に発展すれば、長期投資家にとっては問題なく、何が経済成長の源なのかというのは学者が議論すればよいのだとも思えます。ただ、経済の成長というのは、投資に限らず、日常生活にも大きな影響を与えるので、全く無視してしまうのも賢明ではないでしょう。

このブログのテーマは投資なので、経済関連の書物を読まれる読者が多いと思います。特に、長期的な経済動向について予想するような類の書物には、経済成長の三要素として、労働、資本、技術進歩という用語がよく出てきます。人口が減少することによって、労働力が低下するので、日本の経済成長は鈍化するだろうというような文脈が代表的なものです。

経済成長の三要素のうち、労働と資本は直感的に理解しやすいのですが、技術進歩というのは、理解しにくく、実のところ、経済学的にも確立された概念とはいいがたいようです。

そうすると、経済成長という非常に重要な現象が技術進歩という曖昧な概念で説明されたり、予想されたりすることになりそうですが、それが事実だそうです。

例のアメリカのITバブルのときにも、アメリカの経済成長の理由は技術進歩であり、その技術進歩はITによってもたらされたものだ、従って、日本もIT革命に乗り遅れるなというような論理展開がよく見られましたが、事後的に見れば、それは単なるバブルであったり、公的期間による成長率のごまかしであったと考えるのが妥当でした。

また、日本の経済成長予想においても、経済成長の三要素のうち、人口減少によって労働力が低下するが、技術を進歩させれば日本の経済を成長させることは十分可能だというような論調の予測記事がよくあります。

しかし、経済成長が労働・資本・技術進歩によってもたらされるというのは、あくまで仮定であり、特に、技術進歩は、労働と資本だけでは説明できない部分を仮にそのように呼んでいるだけだということには注意しておく必要がありそうです。

労働と資本だけでは説明できない部分は、ソロー残差(Solow residual)と呼ばれており、重要な割りに、その正体がよく分かっていないそうです。

ソロー残差の正体がよく分かっていないということは、長期投資家にとってはかなり重要な問題で、常に頭に留めておくべきことかもしれません。

日本語版のWikipediaにはなかったので、英語版のWikipediaを引用しておきます。

ソロー残差について(Wikipediaより)

ところで、このソロー残差の正体を解明する手がかりとなる論文が、INSEADの研究者から比較的最近出されたようなので、ご紹介したいと思います。INSEADと言うと、当ブログの相互リンク先である世界級ライフスタイルの作り方の管理人であるLa dolce vitaさんの出身校ですね。

(続く)

スポンサーサイト

<< ホワイトカラー癌細胞論について | ホーム | 税務署から海外送金についてのお尋ねがきた場合 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。