プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドルコスト平均法少考 その2

前回の記事

若干表現を修正しましたが、本質的な変更はありません。
------------------------------------------------------------
「時間的に分散することによって平均購入単価は下がるのか?」
以下の状況を想定します。
・投資金額=900円
・3つの時点における株価は50円、100円、150円のうちいずれかであり、3つの時点の株価は全て異なる。
<考え方1>
 ①ドルコスト平均法を使用した場合:
 900円を3回に分けて投資することになる。
 株価50円のときには、6株購入できる。
 株価100円のときには、3株購入できる。
 株価150円のときには、2株購入できる。
 従って、計11株購入できる。
 ②ドルコスト平均法を使用しなかった場合:
 900円を1回投資することになるが、株価は50円、100円、150円のうちのいずれかであるので、購入する際の株価の期待値は100円である。従って、購入株式数の期待値は、900円/100円=9株である。
 結論:ドルコスト平均法を使用した場合の方が購入株式数が多くなるので、平均購入単価が下がっている。

<考え方2>
 ①ドルコスト平均法を使用した場合:
 900円を3回に分けて投資することになる。
 株価が50円のときには、6株購入できる。
 株価が100円のときには、3株購入できる。
 株価が150円のときには、2株購入できる。
 従って、計11株購入できる。
 ②ドルコスト平均法を使用しなかった場合:
 900円を1回投資することになる。
 株価50円のときに投資すれば、18株購入できる。
 株価が100円のときに投資すれば、9株購入できる。
 株価が150円のときに投資すれば、6株購入できる。
 購入可能な株式数の期待値は、(18+9+6)/3=11株である。
 結論:ドルコスト平均法を使用した場合でも購入株式数は変わらないので、平均購入単価は下がらない。
------------------------------------------------------------


いくつかコメントをいただき、ありがとうございました。

まず、数量固定方式(=一定数の株式を購入していく積み立て方法)と比較すべきであるというコメントをいただきました。確かに、投資関連のホームページやテキストには数量固定方式との比較が為されていることが多く、適切なご指摘です。ただ、「初めての投稿」さんのコメントにもありますように、数量固定方式とドルコスト平均法を比較すれば、ドルコスト平均法が有利であることはすぐに分かりますし、通常、積み立てと言えば、定額積み立て(=ドルコスト平均法)を意味し、数量固定方式を使用することはほとんどないので、ドルコスト平均法を数量固定方式と比べても、投資家にとって、実際的な意味はないように思います。

従って、実際の投資の場面では、ドルコスト平均法と一括投資のどちらが有利かということが問題になり、考え方1は、ドルコスト平均法は一括投資と比べても有利という主張であり、考え方2は、一括投資と比べれば有利でも不利でもないという主張です。

次に、「ま」さんから、以下のコメントをいただきました。
「一括投資の場合、例ですと、50円,100円,150円いずれかの株価で900円分買うわけですから、「平均購入株価」というものは考えられません。
<考え方1>の②は違うと思います。

<考え方2>の②も同様で、投資の機会が1回しかないのですから「平均購入株数」という考え方そのものができないと思います。」


表現が適切でなかったかもしれませんが、「購入できる株式の数の期待値」と表現すれば、意味は通じるでしょう。

ここでの問い自体はシンプルで、「ドルコスト平均法によって購入できる株式数の期待値は、一括投資によって購入できる株式数の期待値を上回るか?」というものです。

スポンサーサイト

<< 海外投資に関する質問をお寄せください。 | ホーム | ドルコスト平均法少考 その1 >>


コメント

初めまして。
いつも楽しみに拝見させて頂いております。

さて、ドルコスト平均法と一括投資との比較ですが、有利でも不利でもない、と言うのが結論だと思います。

もし、将来、株価が一括購入時より下がらない、若しくは下がってもすぐに購入価格へ戻る場合は一括購入の方が有利です。

反対に、株価が下がり続ける、若しくは頻繁に一括購入価格より下がる場合はドルコストの方が有利です。

私は、ドルコスト平均法とは高値掴みのリスクと、爆上げ時のリターンとのトレードオフだと考えています。

よって、有利でも不利でも無い、という結論に至りました。

LEOPARDさん

ご愛読ありがとうございます。

結論的には、一括投資と比べて、「有利でも不利でも無い」ですね。

考え方1が誤っている理由については、その3に記載しましたので、ご覧下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


■グロソブの特徴

ファンドの特色はグローバル・ソブリン・オープン(グロソブ) マザーファンド受益証券を通じて、世界主要先進国のソブリン債券に分散投資しています。


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。