プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋画のセリフ100本丸暗記計画

自由時間が増えたら、ぜひやろうと思っていたことが、表題の「洋画のセリフ100本丸暗記」です。将来的に日本が危なくなったら(既に危なくなっているという話もありますが)、外国で暮らすという選択肢をとれるようにするためにも、英語力の維持・向上には、継続的に努力を続けていきたいと思っています。仮に、日本に住み続けるとしても、TOEICが出世の条件になっている会社もあるようなので、英語と無関係な態度を貫き通すことも難しくなっているようです。

TOEICを例にとると、半分はヒアリングの試験です。今もあまり変わっていないのではないかと思いますが、日本の英語教育はヒアリングを重視していないので、日本人の多くは英語のヒアリングが苦手です。私も苦手です。

ヒアリングの能力を向上させるためには、英語を聞く機会を増やすしかないそうですが、日本にいると、それほど英語を聞く機会はありません。英会話教室も値段が高いので、あまりお勧めできません。TOEICスコアが850を超えてから、嫁がヒアリングの能力を向上させるのに最も有効だったのは、アメリカに滞在していたときに、ストーリーを覚えるくらい「大草原の小さな家」を繰り返し見たことでした。これでTOEICのリスニングは満点になりました。

ヒアリングの勉強に適した映画は、スラングが少ない会話が多い映画です。最近見た映画でリスニングに適していると思ったのは、six days seven nights(ハリソン・フォード)、幸せのレシピ(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)、エリン・ブロコビッチ(ジュリア・ロバーツ)、二枚のドガの絵(刑事コロンボシリーズ)でした。繰り返し聞いていると、映画の筋が追えるくらいにはリスニング力がアップしてくるようです。

まず、字幕なしで一回、次に、日本語字幕ありで一回、最後に、英語字幕ありで一回見ます。慣れてきたら、日本語の字幕を元の英語と比べてみるとも興味深いものです。

スポンサーサイト

<< ミネアポリス再訪 | ホーム | 意味のある情報と意味のない情報 その1 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


30日で英語耳になる方法

このページから1名の方が購入されました。 今日は、「30日で英語耳になる方法」...


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。