プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書評:This time is different その1

嫁が買ってきた7月26日付の日経新聞の経済教室欄に、ソブリンリスクが取り上げられていました。テレビでは、どちらかというとヨーロッパの小国の財政危機がクローズアップされているようですが、書籍では、アメリカ・イギリス・日本という先進国の財政危機がクローズアップされています。AERAのような一般紙にも取り上げられるようになってきたので、ここ数年間、ホットな話題になりそうです。日経新聞の経済教室欄に、"This time is different"が引用されていました(書籍名は明示されていませんでしたが、明らかにこの本からの引用です。)。

"This time is different"ですが、ネットの調子が悪かったので、紀伊国屋書店(新宿店)の洋書フロアで購入しました。日本の本屋に並んでいるということは、読む人が多いということなのでしょう。

英文で300ページなので、通読するにはまとまった時間が必要です。内容は、過去8世紀の財政危機をデータとしてまとめ、最終的に、今回の金融危機がどうなるかを予想しているようです(最後まで通読していないので、正確なところはよく分かりません)。

本の題名の"This time is different"は、"This time is different syndrome"に罹っている人々を皮肉ったものです。時代が進歩して、バブルを演出する小道具がいかに洗練しても、それがバブルである以上、そのつけは負わなければならないということで、歴史的に見れば、国家財政破綻もよくあることで、全く、同じことの繰り返しです。つまり、ぜんぜん、differentではないということです。

日本の財政赤字も、国内で消化されているから大丈夫とか、国債は資産だとか、色々言われていますが、歴史的に見れば、domestic default(overt dejure defaults on domestic public debt ・・・ hardly rare)もまれではないそうです。(p.111)

財政赤字がGDPを超えている国が増えているので、ソブリンリスクが顕在化したときに、どうするかを予め考えておくことは必要だと思います。自分の国家観、経済観が試される事態であることは間違いないでしょう。

財政赤字が深刻な国が増えてくると、色々と抜け駆け的に自国だけは助かろうとする国が出てきて、国家レベルで合成の誤謬が起こるリスクを指摘する声を複数の媒体で見かけます。前回の大恐慌のときも、そうでした。先月、アメリカ旅行をしたときにも、どこかのテレビ番組で金価格が高騰しているのは、オバマ大統領のバラマキ(国民皆保険制度の導入や経済対策用のstimulus packageなど)が米国財政を危機に追いやっているからだとニュースを見ました。

本を読み進めたいと思います。
スポンサーサイト

<< 節約も万能ではない | ホーム | 書評:2012年、世界恐慌(ソブリン・リスクの先を読む) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。