プロフィール

PALCOM

Author:PALCOM
Patent and Legal Com (HK) Ltd.

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

全ての記事を表示する

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「攻めの姿勢」を具体的に定義する

収入の立て直しに関して、「精神論に留まらず、具体論として「攻めの姿勢」を定義してください」という趣旨のコメントをmasaさんからいただきました。

確かに、具体論のない精神論は、無意味な「体育会的根性論」になってしまいますが、精神論のない具体論もまた空疎なものです。従って、現状を危機であると認識し、どうしても現状を改善する必要があるという強い思いを持つ必要があります。

masaさんの現況に対する私の認識
・「30代後半で手取り給与が10万円台後半という現状」が既に危機的状況である。ここからさらに給与が下落することを想定しているのであれば、40代前半で手取り給与が10万円台半ばということになってしまう。これは、絶対に許容できない状況(生存権が侵害されかねない。)である。
・失業が危機というのは誤りである。失職したときに必死になって職探しをしなければならないような働き方をしている現在の状況が危機なのである。失職したときにすぐに買い手がつくように今すぐに働き方を変えるべきだ。
・30代後半で手取り給与が10万円台後半という現状で「収入の下落に応じて支出を削減できるか?」という記事を書いているのは、冬山で遭難している登山家たちが地球温暖化問題について考えているのと同じことである。

以上の認識に共感したことを前提に、具体論に移ります。

masaさんの結論は、「現在の職場でサラリーマンを続けるのが最も合理的(=リターン/リスクが高い)である。」です。この結論に反論をくわえると議論が長くなるので、この結論を肯定した上で考察を続けます。

命題A:現在の職場でサラリーマンを続けるのが最も合理的(=リターン/リスクが高い)である
命題B:現在の職場でサラリーマンとして得ている報酬が妥当である

命題Aと命題Bはレベルが異なる話なので、命題Aを肯定したとしても、別途、命題Bを検討する必要があるはずです。命題Aは、サラリーマン、漁師、小説家、プロレスラーのうち、どれがリターン/リスクが高いかという次元の議論です。この事例では、事実上、サラリーマン以外の選択肢のリターンはゼロなので、サラリーマンを選択することになります。これに対して、命題Bは、サラリーマンとしてのmasaさんに付けられている値札が妥当かという次元での議論です。

サラリーマンとしてのmasaさんに値札を付けているのは、会社や上司なので、まずは、会社や上司と交渉することから始めるべきです。決して、安直な独立や転職は勧めません。しかし、「給料上げてください」といっただけでは、なかなか要求は通りません。私がmasaさんの状況に置かれているとするならば、「誰が見ても、この働きなら昇給を要求するのは当然だという労働密度で2年間働く」ことから始めます。

攻めの一手 その1-最適な住居を見つける
 立地にこだわらない商売人はいないはずです。サラリーマンも同じことをすべきだと考えます。①職場まで片道30分未満、②近くに図書館その他、勉強に適した施設がある、③ハングリー精神を掻き立ててくれる施設が近くにある、④町全体が早起きであるなどが、こだわりたい条件です。なお、攻めの一手 その1は、独身だからこそ簡単にできることです。

攻めの一手 その2-朝は遅くとも5時に起きる
 5時起床、5時半に自宅を出て、6時から仕事開始です。早起き本はいくつか出ているので、読んでみるといいと思います。一直接的なメリットは、満員電車からの解放と時間の有効活用ですが、自分はその他大勢が寝ているときに既に仕事をしているという意識を持てることもメリットです。会社が開いていないというのであれば、ファミレスやホテルで朝食をとりながら、仕事や勉強をすれば問題ないです。

攻めの一手 その3-仕事の速度を速める
 masaさんの記事を読んでいて、特に反論が冗長なほどに長いと感じることがあります。文章を書くスピードを上げることから始めてみてはどうかと思います。他人の2倍のスピードで仕事をしていると確信できるまで、仕事のスピードを上げることを目指すべきです。特に、成果給で働くようになると、仕事のスピードが時給を決めるので、スピードは非常に重要です。他人の2倍のスピードで、6時から仕事を開始すれば、正午には仕事が終わっているはずです。

攻めの一手 その4-自社のことを徹底的に研究する
 自分自身の給与が低いのが、自分のせいなのか、自社のせいなのか、分かりにくいのがサラリーマンの泣き所です。自分の会社のことをよく知らない、財務諸表なども見たことないというのがむしろ普通なのでしょうか?自分の給与が低いのが、会社のせいとすれば、なぜ勤務先はそんなにイケてないのか、原因を究明すべきです。原因を究明したら、原因を除去する方策を考え、上司を通じて会社の幹部などに提案します。比較的小さな会社に勤めているのであれば、この方法をとれるはずです。

攻めの一手 その5-派遣社員の給与水準を研究する
 インターネットの発達によって、他人の給与水準を調べやすくなったのは朗報です。自分と同職種の派遣社員の給与水準をインターネットで詳しく調べます。2年後に、給与額の交渉をするときに、相場を知っていなければ交渉できません。合わせて、給与水準が高い職務内容を調べておくべきです。

攻めの一手 その6-現在の職場における正社員の地位を自らの意思で能動的に捨てる
 正午に仕事を終わらせることができるようになったら、絶対に、「職場での午後からの時間が無駄だ」と思うようになるはずです。給与額の交渉が仮に通ったとしても、正社員のままでは、正午に仕事を切り上げる働き方までは認めてもらえない可能性が高いと思います。仮に時給3,500円で6時間働けば、日給21,000円です。月給に換算して50万円弱といったところです。これでも取り立てて高い給与水準ではないですが、自分の努力で勝ち取った月給50万円は年功序列で転がり込んだ月給50万円とは全く価値が違うはずです。以降、午後からの時間を利用して、給与水準が高い職務に対応できるようにスキルをアップさせておきます。


さらに、もう一つ、一般論として言うならば、平行してすべきことがあります。それは、婚活です。テーマが外れるので詳しく言及しませんが、年頃になったら、上司や親戚が相手を見つけてくれるという時代ではないので、自ら積極的に動く必要があります。もちろん、結婚するかどうか、いつ結婚するかは個人の自由です。

こうして見ると、現在の自分を正当化するための理由を論じている暇など全くないと考えるのが常識的な結論といえると思います。健闘を祈ります。

スポンサーサイト

<< 公債特例法案の否決はあるのか? | ホーム | 貯蓄税がテレビで取り上げられていました >>


コメント

わたしは、期待していました。どういう具体的な提案があるのかと・・・。
いくつか賛同できる案はあります。しかし、全体的な感想を言えば・・・残念です。
中小といえどいろいろあると思いますが、まるで中小企業の実態を理解できていません。。
攻めの一手 その4。研究は大いに結構。しかし、その後の提案・・・。提案が通用するどころか、逆の効果をもたらすことがほとんどでしょう。
比較的小さな会社だからこそ、全く融通がきかないことがあるのです。多分、理解していただけないでしょうけど。
攻めの一手 その5。中小に交渉の余地は存在しません。どんなに出来る社員であっても、です。文句があるなら辞めて結構。これが相場です。
それとスキルアップを勧めておられますが、自営できるスキルアップならまだわかりますが、
給与水準の高い職場への転職のため?ですか?何故、転職に関して消極的になっているのかが全く理解できていないと思われます。

ただ、幾つか賛同できるものもあります。
攻めの一手 その1。生活の基本はしっかりとしたいものです。
攻めの一手 その2。可能なら、自分の人生を充実させる為に使うのがいいと思います。
攻めの一手 その3。もし、最低限のノルマをこなしさえすれば自由な時間を持てる、というのであれば絶対そうすべきでしょう。
でもこれらは攻めの姿勢以前の基本事項です。こんなことは既に実行済みという人は多いと思われます。

今回の提案の中で、一番強く賛同できること、それは結婚です。
結婚は博打のようなものですが、成功したならば精神的な面でも収入の面でも大変充実した人生を歩めるのではないでしょうか。

と、上記は私的な全くの横槍ですので無視してください。
でも、わたしも地方の中小企業に勤める中年独身男性として、何か、なんとか、ヒントが見つかるのではと期待していたのです。
思いますにやっぱり具体論の前に精神論が必要なのではないでしょうか。
やる気があって、はじめてどうするべきかを考えるものだと思うのです。

ブログ「貯金生活。投資生活。」のmasaです

 
ブログ「貯金生活。投資生活。」のmasaです。
非常に力の入った記事に対してケチをつけるのはまことに心苦しいのですが、内容的にあまりにも無理があるので、突っ込んでおきます。


>ファミレスやホテルで朝食をとりながら、仕事や勉強をすれば

これは、気をつけないと大変なことになります。何が問題なのかといえば、社内の仕事関係の書類やデータを社外に持ち出すことです。万が一、社外秘の資料や顧客の個人情報の載ったデータを無断で持ち出して紛失でもしたら、会社をクビになっても文句は言えません。



>6時から仕事開始

PALCOMさんは、仕事というのは一人でするものと思っているのでしょうか?
会社というところは組織で動くので、上司・部下・先輩・後輩・同僚・顧客・取引先などと一緒に仕事をすることになります。報告・連絡・相談。仕事の依頼をする。あるいは仕事を引き受ける。進捗状況の確認。他部署・取引先・顧客との連絡など。早朝にひとりで会社に出社しても意味がありませんし、昼までに仕事を終えるなんて不可能です。



>他人の2倍のスピードで仕事

これをするとどうなるかというと、「もっとたくさん仕事ができるだろう」ということでさらに仕事量を増やされます。仕事量は通常の何倍にもなり、一方の給料はせいぜい1割り増しか2割り増しくらいになれば上等。仕事が2倍の速度でできるようになっても給料が2倍になることなんてありえません。最後には過労死する可能性が高くなります。


>正社員の地位を自らの意思で能動的に捨てる

これは景気のいいときには非常に有効なのですが、一旦不況になると真っ先に解雇されます。自分から使い捨ての人材になる必要はありません。


突っ込みどころがあまりにも多すぎて、なんともいいようがないのですが、とりあえずはこんなところです。PALCOMさんが書いておられるのは、独立して個人で仕事をしている人にしか当てはまらないと思うのですが・・・?


これは、気をつけないと大変なことになります。何が問題なのかといえば、社内の仕事関係の書類やデータを社外に持ち出すことです。万が一、社外秘の資料や顧客の個人情報の載ったデータを無断で持ち出して紛失でもしたら、会社をクビになっても文句は言えません。
→気をつければよいだけです。子どもじゃないのですから、気をつければ解決できることは自分で解決策を考えればよいのではないでしょうか?社外秘のデータや顧客の個人情報の載ったデータをノートパソコンに入れて持ち歩くのがそもそも非常識です。また、外で仕事をしているときには、他の人からパソコンが読めないようにするシートがあるそうなので、そういうのを利用すればよいと思います。

PALCOMさんは、仕事というのは一人でするものと思っているのでしょうか?
→masaさんの職種がよく分からないので、何ともいえないのですが、文章を読んだ印象では、営業職ではないと勝手に念頭に置いています。どのような職種でも一人でできる作業はあるのではないですか?サラリーマンや経営者でも、朝6時スタートという人は結構います。早起き本というジャンルと呼んでもいいほど、本が出版されていますので、色々と読んでみればよいのではないでしょうか?

これをするとどうなるかというと、「もっとたくさん仕事ができるだろう」ということでさらに仕事量を増やされます。仕事量は通常の何倍にもなり、一方の給料はせいぜい1割り増しか2割り増しくらいになれば上等。仕事が2倍の速度でできるようになっても給料が2倍になることなんてありえません。最後には過労死する可能性が高くなります。
→これをするとどうなるかとおっしゃていますが、やろうと思えばできるということですか?

これは景気のいいときには非常に有効なのですが、一旦不況になると真っ先に解雇されます。自分から使い捨ての人材になる必要はありません。
→解雇される可能性は高くなるでしょうね。当然のことです。そういう危機感の中で働かないと、本気になれないのではないかということです。何も無責任なことをいっているつもりはありません。私自身、正社員ではないので、仕事でミスをしたときには、「仕事を切られたのか?」という不安といつも戦っています(いました)。

独立して個人で仕事をしている人にしか当てはまらないと思うのですが
→その通りです。最終的には、正社員としての地位を捨てて、独立して個人で仕事をしている状態に近い働き方を指向する覚悟を持てるかどうかだと思います。



興味深い展開でした。
他人から危機的な状況に見えても、本人が現状に対してそれなりに納得・満足されている場合、色々提案しても本人は否定的にしか受け取れないのかな、と思いました。

Re: タイトルなし

> わたしは、期待していました。どういう具体的な提案があるのかと・・・。
> いくつか賛同できる案はあります。しかし、全体的な感想を言えば・・・残念です。
> 中小といえどいろいろあると思いますが、まるで中小企業の実態を理解できていません。。
> 攻めの一手 その4。研究は大いに結構。しかし、その後の提案・・・。提案が通用するどころか、逆の効果をもたらすことがほとんどでしょう。
> 比較的小さな会社だからこそ、全く融通がきかないことがあるのです。多分、理解していただけないでしょうけど。
> 攻めの一手 その5。中小に交渉の余地は存在しません。どんなに出来る社員であっても、です。文句があるなら辞めて結構。これが相場です。
> それとスキルアップを勧めておられますが、自営できるスキルアップならまだわかりますが、
> 給与水準の高い職場への転職のため?ですか?何故、転職に関して消極的になっているのかが全く理解できていないと思われます。
>
> ただ、幾つか賛同できるものもあります。
> 攻めの一手 その1。生活の基本はしっかりとしたいものです。
> 攻めの一手 その2。可能なら、自分の人生を充実させる為に使うのがいいと思います。
> 攻めの一手 その3。もし、最低限のノルマをこなしさえすれば自由な時間を持てる、というのであれば絶対そうすべきでしょう。
> でもこれらは攻めの姿勢以前の基本事項です。こんなことは既に実行済みという人は多いと思われます。
>
> 今回の提案の中で、一番強く賛同できること、それは結婚です。
> 結婚は博打のようなものですが、成功したならば精神的な面でも収入の面でも大変充実した人生を歩めるのではないでしょうか。
>
> と、上記は私的な全くの横槍ですので無視してください。
> でも、わたしも地方の中小企業に勤める中年独身男性として、何か、なんとか、ヒントが見つかるのではと期待していたのです。
> 思いますにやっぱり具体論の前に精神論が必要なのではないでしょうか。
> やる気があって、はじめてどうするべきかを考えるものだと思うのです。

えべっすさん

詳細なコメントありがとうございます。私も中小企業勤務の経験はあります。大企業勤務の経験はないと言ったほうがよいのかもしれません。私自身、最初の中小企業で得ていた給与は手取り10万円台半ばでした。中小企業は色々ありすぎて一くくりにできないのが、残念ですが、一言でいうと無法地帯のような企業(=企業としての体をなしていない)も少なくないといったところが率直な感想です。紹介された上司が1ヶ月足らずで消えていたりとか、信じられないような出来事もありますね。

また、時間ができたら、ご意見を参考にして色々と考えてみたいと思います。重要な問題なので、色々な人の意見や体験が聞ければ、と思います。

確かに

「攻めの姿勢」の内容にはmasaさんが言うように突っ込みどころが多くあるかもしれません。それは、20代そこそこの社会人なりたての人への話ではなくて、年齢もいっており本当に厳しい状況にあるからだと思います。

私自身、社員数30人未満の企業の30代社員ですので
これらの記事を興味深く見ました。
ひとくくりには出来ませんが、中小企業ほど
・給料は上がらなくても良い 現状維持で良いので勤めていきたい 失業は絶対いやだ(でも年食ってる)
というのが果たせないとこではないでしょうか?
経営が厳しくなると一番に切られるのが、
このラインだと思います。ハイリスク。正社員だろうがなんだろうが関係なく。「攻めの姿勢」を持っている人を残すでしょう。
私も別段攻めたくもないし、出きればじっとやり過ごしたいところですが、中小こそそれが出来ないと思っています。
なので、私は「攻め」というよりも「自衛」の意味で、程度はしょぼいですが、この記事内で実行している事がありました。
その4は重要ですが、財務諸表見ることが出来るまで数年かかりました。入社何年かは、見せて下さいとも言わなかったのですが。いろいろ怖くて笑


masaです。質問にお答えします

ブログ「貯金生活。投資生活。」のmasaです。
質問が出ていますので、もう一度だけコメントを書いておきます。


>気をつければよいだけです。

これは私の説明不足でした。これはつまり、社外への書類やデータの持ち出しが厳しく制限されているということです。組織にはルールがあるので、「気をつければよい」という理屈は通りません。


>どのような職種でも一人でできる作業はあるのではないですか?

確かに一人でできる作業もありますが、それはメイン業務ではありません。そもそも、正午で仕事を終わるというのはムリです。なぜならば、会社は午後も営業しているからです。
会社が欲しいのは、午前6時から深夜まで仕事をする人のほうです。


>やろうと思えばできるということですか?

業務内容にもよりますので一概には言えませんが、過去に行ったことが何度かあります。会社の業務の一部を自分でプログラムを書いてソフトウェアを作り、自動で処理できるようにしたのです。手作りとはいえ、パソコンによる業務効率化ですからスピード向上は2倍どころではありません。社内の他の人たちも使いますから、会社全体での効率アップは相当なものになったはずです。それで得たものは、表彰状1枚と金一封だけです。空いた時間は、当然他の仕事をすることになりました。


>そういう危機感の中で働かないと、本気になれないのではないかということです。

非正規社員というのは、いくら優秀であっても正社員よりも先に解雇(雇い止め)されます。
私は、正社員の利権は不当なものだと思っているので、正社員の解雇規制緩和には大賛成ですが、それが実現していない現時点において自分から正社員の地位を捨てる合理性はどこにもないと思います。

masaです。コメントの訂正

すみません。コメントの一部訂正です。「確かに一人でできる作業もありますが、それはメイン業務ではありません」と書きましたが、それは「打ち合わせをしながらでないと仕事が前に進まない」という意味です。

masaさんも もうすぐ40歳くらいでしょうか。

せっかく平和で豊かな日本に暮らしているのですから、お金も使って、もっともっと人生を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

仕事に直結することだけがスキルアップではないですよ。
ある程度お金を使って人生を楽しむことで見えてくることもあるかもしれません。

例えばファッションとか 女性へのプレゼントとかね。
極端かもしれませんが、女性を口説けるスキルっていうのもヒューマンスキルのうちの一つだと思います。

せっかく世界の人々の中では、裕福な上位10%の中の一人なのですから。
今しかできないこと 楽しんでみてもいいかも


横からスミマセン。

提案の方向性は賛成ですが、いくつか飛躍orギャップがあるように感じます。
書かれた案は、よくある「エリートビジネスマンになりましょう」の教科書的な提案かと思います。
何ならカツマー教祖が言うように英語に加えてもう一ヶ国語と簿記1級くらいの知識と速読くらいをつけると完璧かと・・・これは冗談です。

しかし、これは必ずしも全員に当てはまらず、また中小で十万円台というmasaさんの水準のところで進めるべき方法かと言われると疑問を感じます。この具体案はある程度の水準から上を目指す人へのアドバイスです。トップアスリートにとっては正しいトレーニング方法でもアマチュアには適していないように、そのステップに応じた提案が必要でしょう。(もちろんアマチュアにそういうトップのやり方があるということを知らせるのは価値はある)


また、具体案としても、企業で朝6時に仕事を始めて正午に終わるはやはり無理です。1人で行う作業を先に終わらせることはできてもそれ以外の業務が終わりません。経理や法務の担当者が正午に仕事を終えてしまって正午以降に承認や相談ができないような環境では問題になります。仮にコールセンターのマネージャーが正午で終わりなんてしたら大問題です。いやいや、君の仕事はコールを受ける人のマネージだからいなくなったらだめだよと言われます。そんなサービスレベルの時間にいなくても許されるとすればそれは圧倒的に優秀な人間くらいで一般化は難しいと思います。(masaさんには申し訳ありませんが、それほど優秀ならその給与水準にとどまっていないでしょう)
圧倒的に優秀な人間か、自己啓発本のように「正午には終わらせるくらいのつもりで働く」という"心構え"としてはいいと思うのですが、具体案としては違和感を感じます。



>最終的には、正社員としての地位を捨てて、独立して個人で仕事をしている状態に近い働き方を指向する覚悟を持てるかどうかだと思います。

エントリー本題ではなくコメントでの言葉ですが、ここもちょっと疑問があります。What I doが必ずしもいいとは思えないのです。年収1億円を目指すらなら正社員の地位を捨てる覚悟でやらないとまず話になりませんが、月収10万円代から多少のアップ程度ならこれ以外の道が十分考えられます。むしろ企業で30万円クラスまで給与を上げたいなら逆効果かもしれません。30万円クラスを目指すならもっと会社に媚びた方が近道の可能性もあるのではないでしょうか?(もちろん更なる高みは狙えません)


PALCOMさんの覚悟と生き方は素晴らしく、アドバイスもTPOによっては素晴らしいかと思いますが。今回のアドバイスとしては少し疑問を感じてしまいます。


(PALCOMさん、masaさん、横からスミマセンでした)

Re: 確かに

> 「攻めの姿勢」の内容にはmasaさんが言うように突っ込みどころが多くあるかもしれません。それは、20代そこそこの社会人なりたての人への話ではなくて、年齢もいっており本当に厳しい状況にあるからだと思います。
>
> 私自身、社員数30人未満の企業の30代社員ですので
> これらの記事を興味深く見ました。
> ひとくくりには出来ませんが、中小企業ほど
> ・給料は上がらなくても良い 現状維持で良いので勤めていきたい 失業は絶対いやだ(でも年食ってる)
> というのが果たせないとこではないでしょうか?
> 経営が厳しくなると一番に切られるのが、
> このラインだと思います。ハイリスク。正社員だろうがなんだろうが関係なく。「攻めの姿勢」を持っている人を残すでしょう。
> 私も別段攻めたくもないし、出きればじっとやり過ごしたいところですが、中小こそそれが出来ないと思っています。
> なので、私は「攻め」というよりも「自衛」の意味で、程度はしょぼいですが、この記事内で実行している事がありました。
> その4は重要ですが、財務諸表見ることが出来るまで数年かかりました。入社何年かは、見せて下さいとも言わなかったのですが。いろいろ怖くて笑

oasisさんのコメントが私の言いたいことと最も近かったので、oasisさんのコメントにまとめの意見を書かせていただきます。

「攻めの姿勢」の内容にはmasaさんが言うように突っ込みどころが多くあるかもしれません。それは、20代そこそこの社会人なりたての人への話ではなくて、年齢もいっており本当に厳しい状況にあるからだと思います。
→具体的にmasaさんの業務内容が分からないので、突っ込みどころが多くあるのは仕方がないことです。でも、それはどうでもいいことです。何故なら、仮にmasaさんが実行できることが書いてあっても、masaさんは実行しないからです。現に、masaさんは労働効率の倍増提案を拒否しています(会社の状況を考えると、私には理解不能なのですが・・・)。収入を倍増するためには、会社の利益を2倍にする必要があります。そのためには、まず自分が今までの2倍の速度で働いて、それを全体に広げていく必要があります。それなくしては、収入倍増(それでも、やっと世間並みです。)は実現できないからです。masaさんは、そうすると過労死するとおっしゃっていますが、それは、会社側からの理不尽な要求をはねつけられないからです。何故、はねつけられないかというと、「時給1,000円でもいいから、社員で居続けたい」という気持ちでいるからです。本来、正社員の地位が守られているのは、不当な解雇に立ち向かうためですから、正社員の地位はそういう理不尽な要求をはねつけるために使うべきです。

ひとくくりには出来ませんが、中小企業ほど
・給料は上がらなくても良い 現状維持で良いので勤めていきたい 失業は絶対いやだ(でも年食ってる)というのが果たせないとこではないでしょうか?
経営が厳しくなると一番に切られるのが、 このラインだと思います。ハイリスク。正社員だろうがなんだろうが関係なく。「攻めの姿勢」を持っている人を残すでしょう。
私も別段攻めたくもないし、出きればじっとやり過ごしたいところですが、中小こそそれが出来ないと思っています。
→おっしゃるとおりです。私も別段攻めたくないし、出来ればじっとやり過ごしたいです(笑)。中小企業はワンマン社長が多く、経営上の批判をしたり、給料について文句をいうと、「だったら辞めろ」と言われることが多いと思います。でも、そう言われるのは文句や不満のレベルに留まっているからだと思うのです。理不尽な理由で解雇されたら裁判で争う、ぐらいの気概はないと経営者に相手をしてもらうのは難しいと思います。masaさんは経営者がとっているようなリスクを自分では絶対にとれないとおっしゃってますが、そういうリスクをとっている人と同じ土俵の上で勝負しようとするのであれば、どこかの本に書いてあったようなありきたりの提案や批判をするのではだめで、「つまらない提案だと思われたら、辞表を出します」くらいの気構えは必要でしょう。

記事の提案を自己啓発と勘違いされたようですが、そういうことではありません。正社員をしている限り、正午で帰れるわけはないので、早起きは生産性を倍増させるための1つの手段だと思っていただければよいです。単なる自己啓発で足りるレベルではないことは、客観的に明らかと思うのです。

①自分の仕事のスピードを2倍にする
  ↓
②周囲に働き掛けて、周囲の仕事のスピードを2倍にする
  ↓
③会社全体の生産性を2倍にする

ということですね。小さいな会社であれば、これが可能なはずです。①の過程で止まっても、本人に損はありません。②の過程で、経営者(ワンマン社長)との対決も避けられないことがでてくるかと思います。そのときに、「時給1,000円でもいいから置いてください」という気持ちでは、ケンカのしようがないということです。会社を辞めることを目標とするのでは本末転倒ですが(いつの間にか、玉砕が目的になっています。)、どこかで腹をくくる必要はあるはずです。

masaさんは、正社員の地位は有利だとおっしゃっていますが、そういうことがいえるのは大企業の社員や公務員だけではないでしょうか?正社員の地位を乱用して、時給1,000円前半の仕事を20代の派遣社員と争っている30代後半の男性社員がいたら、私なら即刻解雇すると思います。「正社員だろうがなんだろうが関係なく。「攻めの姿勢」を持っている人を残すでしょう。」というのが普通ではないでしょうか?派遣社員から切るというのは、相対的に余裕がある大きな企業だけでしょう。

記事にも書きましたように、婚活してみるといいと思います。婚活で相手からどういう風に見られるのか知ることは、自分が置かれている立場を客観的に把握するよい機会になるでしょう。



年功序列がない状態で給与を上げるには「会社にとって必要不可欠な余人をもって代え難い仕事を行う能力を身につける」ということしかないでしょう。仕事の量やスピードを改善するのではなく、何か質的な改善が必要だと思います。

当然、会社は社員を働かせて給与以上の利益を得ているはずです。例えば、ある社員Aの働きで月100万円の利益があっても、社員Aに支払う給与は15万ということもあるはずです。ここで社員Aが給与を70万に上げてくれと言った場合、社員Aの代わりが誰にも出来なければ給与は70万になると思います。しかし、ここで失業者Bを給与15万で雇用して社員Aと同じ仕事が出来るのであれば、社員Aは解雇されてしまいます。ここで失業者Bには出来ないが、給与50万を要求する失業者Cなら出来るという状況であれば社員Aの給与は話し合いで50万までは上がると思います。

「転職・独立が不可能で解雇されることを最も恐れている。その上やっている仕事は他の誰かでも簡単に出来る。」そんな社員の給与を上げる奴は経営者失格です。多分そんなことやってたら会社が倒産するでしょう。そんな社員の給与は可能な限り引き下げる会社こそが生き残るのです。

個人事業主や企業経営でも同じですね。コモディティ化すればダンピングは避けられません。

Re: タイトルなし

> 年功序列がない状態で給与を上げるには「会社にとって必要不可欠な余人をもって代え難い仕事を行う能力を身につける」ということしかないでしょう。仕事の量やスピードを改善するのではなく、何か質的な改善が必要だと思います。
>
> 当然、会社は社員を働かせて給与以上の利益を得ているはずです。例えば、ある社員Aの働きで月100万円の利益があっても、社員Aに支払う給与は15万ということもあるはずです。ここで社員Aが給与を70万に上げてくれと言った場合、社員Aの代わりが誰にも出来なければ給与は70万になると思います。しかし、ここで失業者Bを給与15万で雇用して社員Aと同じ仕事が出来るのであれば、社員Aは解雇されてしまいます。ここで失業者Bには出来ないが、給与50万を要求する失業者Cなら出来るという状況であれば社員Aの給与は話し合いで50万までは上がると思います。
>
> 「転職・独立が不可能で解雇されることを最も恐れている。その上やっている仕事は他の誰かでも簡単に出来る。」そんな社員の給与を上げる奴は経営者失格です。多分そんなことやってたら会社が倒産するでしょう。そんな社員の給与は可能な限り引き下げる会社こそが生き残るのです。
>
> 個人事業主や企業経営でも同じですね。コモディティ化すればダンピングは避けられません。

コメントありがとうございます。同感です。

色々と議論はあると思いますが、この問題についての答えは簡単なことで、「資本主義社会の本質が競争である以上、何かのプロにならなければ、長期的に見たときに生き残り続けることは難しい。」です。デフレが継続するのであれば、なおさらです。masaさんは、日本のサラリーマンは、マックのバイトだという本の一説を引用されていますが、そうであるならば、そういう状態から脱出するよう努力すべきで、その状態にしがみつくというのは、ベクトルが全く逆だといえます。

コモディティ化されるとダンピングは避けられないわけですので、小さな会社で働いているのならば、まずは、社内No.1を目指して努力する(社内における同僚との差別化)ことだと思います。社内の同僚とは、基本的に、条件が同じなのですから、fairな競争になるはずで、社内的競争では、社会的不平等という言い訳や反論は成り立ちません。会社が営利企業である以上、少なくとも、社内的な発言権は、仕事ができる社員になって初めて発生すると考えるべきでしょう。森永さんは、年収300万円戦略を勧めていますが、サラリーマンは営利団体の構成員なわけですので、そういう戦略は成り立たないと感じています。

あとは、話を聞いていると、経営陣との距離が遠い、経営というものをかなり誤解しているという印象があります。とにかく従業員をこき使えばよい、給料を下げればよいというのであれば、誰でも経営者になれるはずです。会社の規模が小さければ小さいほど、経営者と従業員の距離は近くなるはずですし、従業員一人当たりの生産性増大が会社の生産性増大に直結するはずです。

何も、月収20万円弱の給与をいきなり100万円にしろという無茶をいっているわけではなく、30万円、40万円にする努力をしろといっているだけです。30代後半の社員に10万円台の給与しか払えないということは、そもそも、経営として成り立っていないといえるので、会社にしがみつき続けるつもりであるなら、なおさら、もっと積極的に行動すべきだと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。